安室と明暗も…詞が巧みで息の長い浜崎あゆみの歌手人生

公開日:

 40歳で引退を決めた安室奈美恵に対し、浜崎あゆみは1歳年下の39歳。日本のディーバとしてライバル関係にありながら、共に母子家庭に育ち、離婚も経験するなど、こと私生活に関しては共通する部分も多い。

 だが、現時点で両者の明暗はくっきりと分かれてしまった。来年9月に引退する安室に注目が集まるのは当然だが、浜崎は口さがないアンチファンから「落ち目の浜崎も見習えばいい」といった厳しい言葉を投げかけられているのだ。

 確かに国内5大ドームツアーを予定している安室に対し、浜崎のコンサート会場は22日が神戸国際会館、23日が広島文化学園HBGホールと、2000人も入ればいっぱいの会場。やや都落ち感は漂う。さらに最近は、SNSに「生きてく事は、どうして切ない? 生きてく事は、どうして嬉しい? 君のために出来る事は、この涙を拭いて笑顔で居る事。」と自作曲の歌詞を投稿。意味が伝わりにくく、「ポエム芸?」と揶揄されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る