安室と明暗も…詞が巧みで息の長い浜崎あゆみの歌手人生

公開日: 更新日:

 40歳で引退を決めた安室奈美恵に対し、浜崎あゆみは1歳年下の39歳。日本のディーバとしてライバル関係にありながら、共に母子家庭に育ち、離婚も経験するなど、こと私生活に関しては共通する部分も多い。

 だが、現時点で両者の明暗はくっきりと分かれてしまった。来年9月に引退する安室に注目が集まるのは当然だが、浜崎は口さがないアンチファンから「落ち目の浜崎も見習えばいい」といった厳しい言葉を投げかけられているのだ。

 確かに国内5大ドームツアーを予定している安室に対し、浜崎のコンサート会場は22日が神戸国際会館、23日が広島文化学園HBGホールと、2000人も入ればいっぱいの会場。やや都落ち感は漂う。さらに最近は、SNSに「生きてく事は、どうして切ない? 生きてく事は、どうして嬉しい? 君のために出来る事は、この涙を拭いて笑顔で居る事。」と自作曲の歌詞を投稿。意味が伝わりにくく、「ポエム芸?」と揶揄されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    白井貴子さん モントリオール金から30年、難民支援を継続

  6. 6

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

  7. 7

    出会いから5年 ついに百恵&友和の決定的な写真が撮られた

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  10. 10

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

もっと見る