• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

主演ドラマで明暗 米倉涼子の幸運と篠原涼子のミスマッチ

 ドラマは視聴率で成績が出るシビアな世界。秋ドラマも最終的な採点段階に入った。主演女優で見ると、今年も毎週20%を超える数字を記録し続ける米倉涼子(42)の「ドクターX」の独り勝ちは確実。現代版「水戸黄門」と呼ばれ、医療界の勧善懲悪ドラマはすっかり茶の間に定着した。

 ワンパターンでも黄門様の「印籠」を出すシーンのように「私、失敗しないので」のセリフがスカッとさせる。一時は「大門未知子のイメージが付く」とシリーズ化を躊躇したこともあったが、今や国民的なドラマにまでなった。

 女優・米倉に箔が付いた感もあるが、ドラマの世界には落とし穴がある。

「その時代の風に合うドラマと主演者がマッチしたときにヒットが生まれる。そんなドラマに巡り合えるかは女優の持っている運」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る