二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

主演ドラマで明暗 米倉涼子の幸運と篠原涼子のミスマッチ

公開日:

 ドラマは視聴率で成績が出るシビアな世界。秋ドラマも最終的な採点段階に入った。主演女優で見ると、今年も毎週20%を超える数字を記録し続ける米倉涼子(42)の「ドクターX」の独り勝ちは確実。現代版「水戸黄門」と呼ばれ、医療界の勧善懲悪ドラマはすっかり茶の間に定着した。

 ワンパターンでも黄門様の「印籠」を出すシーンのように「私、失敗しないので」のセリフがスカッとさせる。一時は「大門未知子のイメージが付く」とシリーズ化を躊躇したこともあったが、今や国民的なドラマにまでなった。

 女優・米倉に箔が付いた感もあるが、ドラマの世界には落とし穴がある。

「その時代の風に合うドラマと主演者がマッチしたときにヒットが生まれる。そんなドラマに巡り合えるかは女優の持っている運」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る