赤西や元SMAPともコラボ 山田孝之が自由に活動できるワケ

公開日:  更新日:

 元SMAPの稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾が出演したAbemaTVの生放送「72時間ホンネテレビ」にゲスト出演した俳優の山田孝之(34)。山田はプライベートジェットで登場するや、インスタグラムの使い方をレクチャーする講師として都内のインスタ映えする“聖地”に3人を案内。ファンにもみくちゃになりながらもインスタの「プロ」として指導していた。

「山田のインスタのフォロワーは200万人を突破。所属事務所のスターダストは所属タレントに対し、あまりSNSを推奨していないが、なぜか山田は積極的に活動しています。そもそも、所属事務所のタレントはジャニーズ事務所のタレント出演作品で絡むことが多く、元SMAPのメンバーたちと山田が絡むことを上層部は快く思っていないはずなんですが……」(芸能プロ関係者)

 そんな事務所の事情があるにもかかわらず、昨年は元ジャニーズで歌手の赤西仁(33)とのユニット「JINTAKA」として活動を開始。また、今年9月にはライブ動画の販売・運営会社の役員に就任したことを会見に出席し堂々と発表した。なぜ、山田はここまで自由に振る舞えるのか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る