• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

3年目でもラブラブ 車窓から透けた観月ありさの結婚生活

 2018年になってまだ半月あまりだが、やはり今年も芸能界は不倫だらけ。フジの秋元優里アナに小室哲哉……。

 そんななか、まもなく結婚から丸3年を迎えるこの2人は順調そうである。観月ありさ(41)と青山光司氏の2人だ。ある日の夕方の六本木。古めかしいゲレンデヴァーゲンの運転席に青山氏、助手席には観月ありさがいた。

 信号待ちでは付き合いたての若いカップルのように笑顔でハシャギながら会話し、観月は手を叩いて笑っていた。そんな観月の姿を横目にしながら、青山氏はハンドルを握ったまま電気シェーバーを使ってヒゲ剃りに夢中。携帯電話を使ってるワケではないので違法ではないが、少々危険な行為である。

 しかし、青山氏のそんな自然体な姿が観月は好きなのだろう。車内の明るく幸せな雰囲気が外にまで伝わってきそうだった。

 前妻上原さくらとは泥沼の離婚劇を演じ、わずか2年という短い結婚生活だった青山氏。「一切家事はしない」とテレビでも公言する観月との結婚生活もかなり心配されていたが、今度は大丈夫そうである。余計なお世話か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る