バブルもドン底も首相次第 鳩山クルオは人生“由起夫任せ”

公開日:  更新日:

 鳩山由紀夫元首相のソックリさんとして脚光を浴びたものの、退陣とともにフェードアウトしたタレントの鳩山クルオさん(44)。そのジェットコースターのような芸人人生とは……。

 ◇  ◇  ◇

 あれはまったくのバブルでした。日本のバブル景気は86年から4年ちょっと続きましたけど、僕の場合、2009年8月30日に衆院選挙で民主党が大勝利して鳩山由紀夫さんが首相に選ばれ、翌年の6月8日に退陣するまでの9カ月ちょい。

 そもそも鳩山元首相に似てると気づいてくれたのは浅草キッドの玉(玉袋筋太郎)さんです。それからテレビ朝日系「ビートたけしのTVタックル」のコメンテーターだったハマコー(故浜田幸一元衆院議員)さんに「ソックリだ」と言われだしたんです。09年の春ごろです。6月に「TVタックル」の楽屋で“殿(ビートたけし)”を笑わせるために、スーツを着て鳩山さんみたいに髪をオールバックにしたら大ウケしましてね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る