バブルもドン底も首相次第 鳩山クルオは人生“由起夫任せ”

公開日: 更新日:

 鳩山由紀夫元首相のソックリさんとして脚光を浴びたものの、退陣とともにフェードアウトしたタレントの鳩山クルオさん(44)。そのジェットコースターのような芸人人生とは……。

 ◇  ◇  ◇

 あれはまったくのバブルでした。日本のバブル景気は86年から4年ちょっと続きましたけど、僕の場合、2009年8月30日に衆院選挙で民主党が大勝利して鳩山由紀夫さんが首相に選ばれ、翌年の6月8日に退陣するまでの9カ月ちょい。

 そもそも鳩山元首相に似てると気づいてくれたのは浅草キッドの玉(玉袋筋太郎)さんです。それからテレビ朝日系「ビートたけしのTVタックル」のコメンテーターだったハマコー(故浜田幸一元衆院議員)さんに「ソックリだ」と言われだしたんです。09年の春ごろです。6月に「TVタックル」の楽屋で“殿(ビートたけし)”を笑わせるために、スーツを着て鳩山さんみたいに髪をオールバックにしたら大ウケしましてね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  7. 7

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  8. 8

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  9. 9

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

  10. 10

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

もっと見る