有賀さつき、小泉今日子…バブル世代“52歳女”が強い理由

公開日: 更新日:

 ここ数日“オンナの芯の強さ”を痛感させるニュースが続いている。元フジテレビアナウンサーの有賀さつきさん(享年52)の訃報は一緒に仕事をしていたテレビ関係者たちをも驚かせた。先輩アナの山村美智(61)に激ヤセとウィッグを問われると、「ダイエットに成功した」「ウィッグはヘアメークの時短になるから便利」とかわし、自身が闘病中であることを一切口に出さなかった。死期が近いことを悟り、後に残された15歳の一人娘が困らぬよう、銀行の解約手続きなど身辺整理も進めていたというから頭が下がる。

「病気を明かすことで屋外仕事や健康食品などの広告の仕事から排除されるのを危惧し“仕事を続けるため”に隠し通したのかもしれません。高齢のお父さんに心配をかけたくなかったのでしょう」(テレビ関係者)

 4日、がんとの共生社会を目指すイベントでは女優の古村比呂(52)が子宮頚がんの再々発を告白。今年1月から抗がん剤治療を3週間に1回のペースで行っていることを明かし「抗がん治療であっという間に髪の毛が抜けた。今は1割残っているくらい」と赤裸々に語った。抗がん剤治療で女性が精神的につらいのは“副作用による脱毛”といわれており、女優ともなればなおさら。カミングアウトは啓蒙活動にはなるにしても、自身のつらい経験を何度も語ることは計り知れない苦痛も伴う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  3. 3

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  6. 6

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  7. 7

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  8. 8

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  9. 9

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る