有賀さつき、小泉今日子…バブル世代“52歳女”が強い理由

公開日:

 ここ数日“オンナの芯の強さ”を痛感させるニュースが続いている。元フジテレビアナウンサーの有賀さつきさん(享年52)の訃報は一緒に仕事をしていたテレビ関係者たちをも驚かせた。先輩アナの山村美智(61)に激ヤセとウィッグを問われると、「ダイエットに成功した」「ウィッグはヘアメークの時短になるから便利」とかわし、自身が闘病中であることを一切口に出さなかった。死期が近いことを悟り、後に残された15歳の一人娘が困らぬよう、銀行の解約手続きなど身辺整理も進めていたというから頭が下がる。

「病気を明かすことで屋外仕事や健康食品などの広告の仕事から排除されるのを危惧し“仕事を続けるため”に隠し通したのかもしれません。高齢のお父さんに心配をかけたくなかったのでしょう」(テレビ関係者)

 4日、がんとの共生社会を目指すイベントでは女優の古村比呂(52)が子宮頚がんの再々発を告白。今年1月から抗がん剤治療を3週間に1回のペースで行っていることを明かし「抗がん治療であっという間に髪の毛が抜けた。今は1割残っているくらい」と赤裸々に語った。抗がん剤治療で女性が精神的につらいのは“副作用による脱毛”といわれており、女優ともなればなおさら。カミングアウトは啓蒙活動にはなるにしても、自身のつらい経験を何度も語ることは計り知れない苦痛も伴う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る