• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

有賀さつき、小泉今日子…バブル世代“52歳女”が強い理由

 ここ数日“オンナの芯の強さ”を痛感させるニュースが続いている。元フジテレビアナウンサーの有賀さつきさん(享年52)の訃報は一緒に仕事をしていたテレビ関係者たちをも驚かせた。先輩アナの山村美智(61)に激ヤセとウィッグを問われると、「ダイエットに成功した」「ウィッグはヘアメークの時短になるから便利」とかわし、自身が闘病中であることを一切口に出さなかった。死期が近いことを悟り、後に残された15歳の一人娘が困らぬよう、銀行の解約手続きなど身辺整理も進めていたというから頭が下がる。

「病気を明かすことで屋外仕事や健康食品などの広告の仕事から排除されるのを危惧し“仕事を続けるため”に隠し通したのかもしれません。高齢のお父さんに心配をかけたくなかったのでしょう」(テレビ関係者)

 4日、がんとの共生社会を目指すイベントでは女優の古村比呂(52)が子宮頚がんの再々発を告白。今年1月から抗がん剤治療を3週間に1回のペースで行っていることを明かし「抗がん治療であっという間に髪の毛が抜けた。今は1割残っているくらい」と赤裸々に語った。抗がん剤治療で女性が精神的につらいのは“副作用による脱毛”といわれており、女優ともなればなおさら。カミングアウトは啓蒙活動にはなるにしても、自身のつらい経験を何度も語ることは計り知れない苦痛も伴う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る