• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

バブル世代vs平成生まれ 肉食女子の夜遊びはどう変わった

「しもしも~?」

 と巨大な携帯電話を片手にバブル時代の用語を連発する芸人、平野ノラが人気急上昇中。当時を知らない若者にもウケているが、平成生まれの男女の夜遊び事情は、当時とはまったく違う。だからこそ、バブル時代が新鮮に映るのだろう。

 では、バブル時代と今とでは、「夜遊び」の光景はどう変わったのか。男女の恋愛事情に詳しいノンフィクション作家の亀山早苗氏に聞いた。

「ディスコやレストランバーなどで男との出会いを楽しんでいたバブル時代の肉食女子と比べて今の若い女性は、肉食でも行動は慎重。個人情報の開示は特にそうで、刺激的な生活よりも安定を求める傾向が強いため、信頼できる相手かどうかを見極めないと男性に気を許さないのです。ですから遊ぶのは基本的には女同士で、穏やかに終電で帰宅。ナンパされても一人ではついていきませんし、そもそも男の方も同じ感覚でナンパをしません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る