• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

バブル世代vs平成生まれ 肉食女子の夜遊びはどう変わった

「しもしも~?」

 と巨大な携帯電話を片手にバブル時代の用語を連発する芸人、平野ノラが人気急上昇中。当時を知らない若者にもウケているが、平成生まれの男女の夜遊び事情は、当時とはまったく違う。だからこそ、バブル時代が新鮮に映るのだろう。

 では、バブル時代と今とでは、「夜遊び」の光景はどう変わったのか。男女の恋愛事情に詳しいノンフィクション作家の亀山早苗氏に聞いた。

「ディスコやレストランバーなどで男との出会いを楽しんでいたバブル時代の肉食女子と比べて今の若い女性は、肉食でも行動は慎重。個人情報の開示は特にそうで、刺激的な生活よりも安定を求める傾向が強いため、信頼できる相手かどうかを見極めないと男性に気を許さないのです。ですから遊ぶのは基本的には女同士で、穏やかに終電で帰宅。ナンパされても一人ではついていきませんし、そもそも男の方も同じ感覚でナンパをしません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る