バブル世代vs平成生まれ 肉食女子の夜遊びはどう変わった

公開日:

「しもしも~?」

 と巨大な携帯電話を片手にバブル時代の用語を連発する芸人、平野ノラが人気急上昇中。当時を知らない若者にもウケているが、平成生まれの男女の夜遊び事情は、当時とはまったく違う。だからこそ、バブル時代が新鮮に映るのだろう。

 では、バブル時代と今とでは、「夜遊び」の光景はどう変わったのか。男女の恋愛事情に詳しいノンフィクション作家の亀山早苗氏に聞いた。

「ディスコやレストランバーなどで男との出会いを楽しんでいたバブル時代の肉食女子と比べて今の若い女性は、肉食でも行動は慎重。個人情報の開示は特にそうで、刺激的な生活よりも安定を求める傾向が強いため、信頼できる相手かどうかを見極めないと男性に気を許さないのです。ですから遊ぶのは基本的には女同士で、穏やかに終電で帰宅。ナンパされても一人ではついていきませんし、そもそも男の方も同じ感覚でナンパをしません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る