バブル世代vs平成生まれ 肉食女子の夜遊びはどう変わった

公開日: 更新日:

「しもしも~?」

 と巨大な携帯電話を片手にバブル時代の用語を連発する芸人、平野ノラが人気急上昇中。当時を知らない若者にもウケているが、平成生まれの男女の夜遊び事情は、当時とはまったく違う。だからこそ、バブル時代が新鮮に映るのだろう。

 では、バブル時代と今とでは、「夜遊び」の光景はどう変わったのか。男女の恋愛事情に詳しいノンフィクション作家の亀山早苗氏に聞いた。

「ディスコやレストランバーなどで男との出会いを楽しんでいたバブル時代の肉食女子と比べて今の若い女性は、肉食でも行動は慎重。個人情報の開示は特にそうで、刺激的な生活よりも安定を求める傾向が強いため、信頼できる相手かどうかを見極めないと男性に気を許さないのです。ですから遊ぶのは基本的には女同士で、穏やかに終電で帰宅。ナンパされても一人ではついていきませんし、そもそも男の方も同じ感覚でナンパをしません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  4. 4

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る