早期退職に7000万円上乗せも フジテレビ人事の末期症状

公開日:

「とんねるずのみなさんのおかげでした」「めちゃ×2イケてるッ!」に続いて「ウチくる!?」の打ち切りも発表。局の看板を担ってきた“20年選手”番組に引導を渡しているフジテレビが、ついに早期退職募集に踏み切るというのでちょっとしたニュースになっている。退職日を3月末に設定し、50歳以上の社員を対象に早期退職者を募っているのだが、番組の企画以上にその浮世離れした募集条件に思わずブッたまげるのだ。

 1月25日付で人事局から配布された「特別早期退職優遇制度実施要項」によると、制度利用希望者には通常の退職金に加え、最大7000万円の特別優遇を加算するという大盤振る舞い。募集期間は今月20日までだが、説明会の会場は満員御礼状態だったという。

 あるフジのベテラン社員も「興味はある」とこう続ける。

「女性社員は育休や産休制度の手厚さはもとより、要件を満たせば自動車通勤もOK。子育て世代にとって保育園送迎もしやすいことから“寿”退社率は低い。いろいろとご意見はあるでしょうが、多くの社員にとって働きやすい会社であることは間違いありません。それでも7000万円の上乗せは正直、ぐらつきます……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る