碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授を経て現在、上智大学文学部新聞学科教授。専門は放送を軸としたメディア文化論。著書に「テレビの教科書」ほか。

嵐・松本潤が快演 食わず嫌いで見ないのは惜しい「99.9」

公開日:  更新日:

 主演俳優がジャニーズ系と聞いただけで、そのドラマを見ない大人がいるが、それはもったいないと思う。一昨年に続く第2シーズンを迎えた「99・9―刑事専門弁護士―」はその典型だ。今回も嵐の松本潤がひょうひょうと真相を探っていく弁護士、深山大翔を快演している。

 まず、この深山のキャラクターが出色だ。料理好きで調味料を持ち歩く。料理の味はわずか一振りの塩でも変化するが、それは深山ならではの細部へのこだわりや観察眼に通じるかもしれない。

 次に、無類のダジャレ好き。こちらは一見別々の要素を組み合わせることで、新たな事実を掘り起こす能力と重なる。口癖は「僕は事実を知りたいだけなんです」。その根底にあるのは正義感というより並外れた好奇心だ。松本はこのキャラを完全に自分のものにしている。

 先日の竜雷太がゲスト出演した回でも、パラリーガルの明石(片桐仁が怪演)が自分の失敗をごまかそうとした様子をヒントに、犯人のトリックを見破っていった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る