• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

R-1優勝の“ほぼ全盲芸人” 濱田祐太郎のジレンマと期待度

 先に行われた「R―1ぐらんぷり 2018」で初優勝。“ひとり芸ナンバーワン”の称号を手にした濱田祐太郎(28)に世間の注目が集まっている。なぜか。アマチュア時代から足かけ6年、一貫して続けてきた漫談芸の質の高さもあるだろうが、それ以上に、ほぼ全盲というハンディキャップをもつ“障害者芸人”であるからにほかならない。

 優勝後の会見では、「ずっと漫談をやってきた。ひとりでしゃべることだけで笑わせてきた」と振り返った濱田。漫談家を目指したきっかけについては「相方をつくるだけの社交性がなかった。ひとりで話すほうが自分の肌に合った」と話したが、似たような理由でピン芸人となったバカリズムとはチト意味合いが異なり、言葉以上の見えない苦労があったと推測できる。

 自身は舞台上でハンディを意識することはないというが、「周りの芸人は接しにくいと思うかもしれない」と不安もにじませていた。障害者であることを個性として生かしメディアで活動している人は、車椅子芸人のホーキング青山や乙武クンなどごくわずか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る