R-1優勝の“ほぼ全盲芸人” 濱田祐太郎のジレンマと期待度

公開日:

 先に行われた「R―1ぐらんぷり 2018」で初優勝。“ひとり芸ナンバーワン”の称号を手にした濱田祐太郎(28)に世間の注目が集まっている。なぜか。アマチュア時代から足かけ6年、一貫して続けてきた漫談芸の質の高さもあるだろうが、それ以上に、ほぼ全盲というハンディキャップをもつ“障害者芸人”であるからにほかならない。

 優勝後の会見では、「ずっと漫談をやってきた。ひとりでしゃべることだけで笑わせてきた」と振り返った濱田。漫談家を目指したきっかけについては「相方をつくるだけの社交性がなかった。ひとりで話すほうが自分の肌に合った」と話したが、似たような理由でピン芸人となったバカリズムとはチト意味合いが異なり、言葉以上の見えない苦労があったと推測できる。

 自身は舞台上でハンディを意識することはないというが、「周りの芸人は接しにくいと思うかもしれない」と不安もにじませていた。障害者であることを個性として生かしメディアで活動している人は、車椅子芸人のホーキング青山や乙武クンなどごくわずか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る