「R-1王者」じゅんいちダビッドソン 下積み支えた糟糠の妻

公開日:  更新日:

 サッカー日本代表の本田圭佑のモノマネで「R―1ぐらんぷり2015」で優勝。出場3751人のピン芸人の頂点に立ったじゅんいちダビッドソン。「R―1王者は売れない」という最近の傾向を覆し、大会3日後にはテレビやイベント出演の仕事が80本近くも舞い込んだという。時給が高い夜勤のコールセンターのアルバイトをしながら芸人を続け、苦節17年での“代表入り”だ。

 お笑いデビューは98年。現在はサンドウィッチマンのマネジャーをしているポーク林と「ミスマッチグルメ」というコンビを結成するも、鳴かず飛ばずで11年に解散。その後はピン芸人として「アメリカあるある」漫談を続けていたが、バイト仲間の芸人から「日本代表の本田に似ている。モノマネをしたらどうか」と勧められ、2年前に本田ネタを始めたところ大当たり。単なるモノマネで終わらぬよう、ショートコントを交えて「芸」の域にまで高めていった結果の優勝だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る