• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「R-1王者」じゅんいちダビッドソン 下積み支えた糟糠の妻

 サッカー日本代表の本田圭佑のモノマネで「R―1ぐらんぷり2015」で優勝。出場3751人のピン芸人の頂点に立ったじゅんいちダビッドソン。「R―1王者は売れない」という最近の傾向を覆し、大会3日後にはテレビやイベント出演の仕事が80本近くも舞い込んだという。時給が高い夜勤のコールセンターのアルバイトをしながら芸人を続け、苦節17年での“代表入り”だ。

 お笑いデビューは98年。現在はサンドウィッチマンのマネジャーをしているポーク林と「ミスマッチグルメ」というコンビを結成するも、鳴かず飛ばずで11年に解散。その後はピン芸人として「アメリカあるある」漫談を続けていたが、バイト仲間の芸人から「日本代表の本田に似ている。モノマネをしたらどうか」と勧められ、2年前に本田ネタを始めたところ大当たり。単なるモノマネで終わらぬよう、ショートコントを交えて「芸」の域にまで高めていった結果の優勝だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  7. 7

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  8. 8

    「ボラ申し込まなければいい」発言 IOCコーツの正体とカネ

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

もっと見る