映画「素敵なダイナマイトスキャンダル」 監督が思い語る

公開日: 更新日:

 1970~80年代のサブカルチャー・エロ雑誌界でヒットを連発した編集者・末井昭氏(69)の同名エッセーが原作。17日公開の「素敵なダイナマイトスキャンダル」(東京テアトル配給)でメガホンを取った冨永昌敬監督(42)に、本作に込めた思いを聞いた。

「ギャップにやられたんです」――。冨永監督が原作に出合ったのは12年前の2006年。「パチンコ必勝ガイド」のCMで女装していたオジサンの自らが背負っている衝撃的な過去がつづられていた。実の母親が、隣に住む年下の男性と恋仲になった揚げ句、ダイナマイトで心中したのだ。

「僕は末井さんが編集長をしていた過激な雑誌『写真時代』に間に合っていない世代で、そもそも末井昭なる人物が何者なのかも知らなかった。ただ、テレビで見る女装オジサンと、エッセーで壮絶な過去を告白している作者が同一人物であることに衝撃を受けたんです。しかも著書では自身のことを惜しげもなくさらけ出しているのに、普段は自己韜晦している。だまされたって思う一方で、屈託みたいなものは共有できた。案外、似ているのかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  3. 3

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  6. 6

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  7. 7

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  8. 8

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  9. 9

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  10. 10

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

もっと見る