• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

映画「素敵なダイナマイトスキャンダル」 監督が思い語る

 1970~80年代のサブカルチャー・エロ雑誌界でヒットを連発した編集者・末井昭氏(69)の同名エッセーが原作。17日公開の「素敵なダイナマイトスキャンダル」(東京テアトル配給)でメガホンを取った冨永昌敬監督(42)に、本作に込めた思いを聞いた。

「ギャップにやられたんです」――。冨永監督が原作に出合ったのは12年前の2006年。「パチンコ必勝ガイド」のCMで女装していたオジサンの自らが背負っている衝撃的な過去がつづられていた。実の母親が、隣に住む年下の男性と恋仲になった揚げ句、ダイナマイトで心中したのだ。

「僕は末井さんが編集長をしていた過激な雑誌『写真時代』に間に合っていない世代で、そもそも末井昭なる人物が何者なのかも知らなかった。ただ、テレビで見る女装オジサンと、エッセーで壮絶な過去を告白している作者が同一人物であることに衝撃を受けたんです。しかも著書では自身のことを惜しげもなくさらけ出しているのに、普段は自己韜晦している。だまされたって思う一方で、屈託みたいなものは共有できた。案外、似ているのかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る