映画「素敵なダイナマイトスキャンダル」 監督が思い語る

公開日:

 1970~80年代のサブカルチャー・エロ雑誌界でヒットを連発した編集者・末井昭氏(69)の同名エッセーが原作。17日公開の「素敵なダイナマイトスキャンダル」(東京テアトル配給)でメガホンを取った冨永昌敬監督(42)に、本作に込めた思いを聞いた。

「ギャップにやられたんです」――。冨永監督が原作に出合ったのは12年前の2006年。「パチンコ必勝ガイド」のCMで女装していたオジサンの自らが背負っている衝撃的な過去がつづられていた。実の母親が、隣に住む年下の男性と恋仲になった揚げ句、ダイナマイトで心中したのだ。

「僕は末井さんが編集長をしていた過激な雑誌『写真時代』に間に合っていない世代で、そもそも末井昭なる人物が何者なのかも知らなかった。ただ、テレビで見る女装オジサンと、エッセーで壮絶な過去を告白している作者が同一人物であることに衝撃を受けたんです。しかも著書では自身のことを惜しげもなくさらけ出しているのに、普段は自己韜晦している。だまされたって思う一方で、屈託みたいなものは共有できた。案外、似ているのかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る