出待ちファンにも異変 浜崎あゆみ人気全盛時代との決定差

公開日: 更新日:

 7日からデビュー20周年を記念した全国アリーナツアーをスタートする浜崎あゆみ(39)。2日は自身のSNSに髪色をピンクに染めた写真を投稿し、ファンから「やばかわ!」「ピンクきたー」などのコメントが寄せられた。浜崎のインスタグラムには5日時点で4万件近く「いいね」がつけられている。

 そんな浜崎がファンの前に姿を見せたのは3日午後のこと。2000年代をほうふつとさせるギャルファッションでキメた一団がブーツの足音をコツコツ響かせ、都内の住宅街から撮影スタジオに向かって足早に歩いて行く。何かと思ったら、スタジオ入り口に真っ黒なキャデラック・エスカレードが止まっていた。

「最近は芸能事務所も燃費を気にして、ハイブリッドのワンボックスカーを使うことが多い。この手の大排気量でガソリンを食う車に乗るのは浜崎とGACKTくらいのもの。2人とも自分の居場所を教えているようなものですが、この日、浜崎はこのスタジオで7日にTBS系で放送される『CDTV祝25周年SP』の収録にゲスト参加していたのです」(芸能リポーター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  3. 3

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  4. 4

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  10. 10

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

もっと見る