飯尾和樹
著者のコラム一覧
飯尾和樹

1968年、東京生まれ。お笑いコンビ「ずん」のボケ担当。小さめの目と大きめの耳とカリフラワーとパクチーが苦手な舌と、10代、20代で培った女性に告白してもこりゃちょっと振られるなと分かる察知能力を持つ48歳。

誰と組んでも盛り上がる! 「ここは一発シュワッと師匠」

公開日: 更新日:

 ペッコリ45度、ずんの飯尾和樹です。町おこしや地元の名物を生み出すときに、その土地の名物(風味ともいう)をトッピングした「ソフトクリーム師匠」(ご紹介しましたね)を見かけますが、それと同じくらい貢献しているのが、サイダーこと「ここは一発シュワッと師匠」です。

 杜の都・仙台のある宮城はグルメ県としても人気で、名物のひとつである牛タンとサイダーが合体。

 その名も、牛タンサイダー!よっ出ました! ここ一発シュワッと師匠! 牛タンは放っておいても大人気なのになぜ?まぁ飲んでみましょう~、ゴックン。牛タンとサイダー、双方ともに一歩も引かず! これをハーモニーととらえた人は次回も買うでしょうし、まぁまぁなヘビー級の打ち合いととらえた人は笑い話として気持ちを切り替え、「まぁ話題性をありがとう」と大人の対応を取りましょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  7. 7

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  8. 8

    「やじうまワイド」でMC 58歳の玉利かおるさんは今何を?

  9. 9

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  10. 10

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る