飯尾和樹
著者のコラム一覧
飯尾和樹

1968年、東京生まれ。お笑いコンビ「ずん」のボケ担当。小さめの目と大きめの耳とカリフラワーとパクチーが苦手な舌と、10代、20代で培った女性に告白してもこりゃちょっと振られるなと分かる察知能力を持つ48歳。

誰と組んでも盛り上がる! 「ここは一発シュワッと師匠」

公開日:

 ペッコリ45度、ずんの飯尾和樹です。町おこしや地元の名物を生み出すときに、その土地の名物(風味ともいう)をトッピングした「ソフトクリーム師匠」(ご紹介しましたね)を見かけますが、それと同じくらい貢献しているのが、サイダーこと「ここは一発シュワッと師匠」です。

 杜の都・仙台のある宮城はグルメ県としても人気で、名物のひとつである牛タンとサイダーが合体。

 その名も、牛タンサイダー!よっ出ました! ここ一発シュワッと師匠! 牛タンは放っておいても大人気なのになぜ?まぁ飲んでみましょう~、ゴックン。牛タンとサイダー、双方ともに一歩も引かず! これをハーモニーととらえた人は次回も買うでしょうし、まぁまぁなヘビー級の打ち合いととらえた人は笑い話として気持ちを切り替え、「まぁ話題性をありがとう」と大人の対応を取りましょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

もっと見る