山口事件で問題浮き彫り 10代女子を抱える芸能プロの悩み

公開日: 更新日:

 女子高生に対する強制わいせつ容疑で書類送検されたTOKIOの山口達也(46)は、大方の予想通り、不起訴処分になった。被害少女側と示談が成立していることなどから、起訴猶予処分とみられる。

■SNSでタレント同士が簡単に連絡

 不起訴とはいえ、山口の罪が許されたわけじゃない。番組で共演した女子高生にわいせつ行為をはたらいた事実は消えないし、ネット上には「同じ年ごろの子供を持つ親として、とても無関心ではいられない」という声も根強く残っている。それに無関心でいられないのは、何も親だけじゃないようだ。

「10年前と比べると、子供たちが共演者に連絡先を教えることについてのハードルはグンと下がってしまいました」と、10代のタレントが所属する都内の芸能プロダクション関係者はこう続ける。


「ウチの事務所では数年前までは『番組共演者やスタッフには直接連絡先を教えない』という“ルール”があったのですが、最近はタレントが番組に出演することが決まると、すぐに共演者間でグループラインがつくられる。共演者間のライングループにはスタッフさんも入っていることがあり、場合によっては収録時間や集合場所の変更などがそこで知らされることも。ウチの事務所の子だけがグループに入っていないとなると、共演者間の話題についていけず、仲間外れにされてしまうこともあります。そのため、事務所に事前申告の上でライングループに入ることはOK、ただし、仕事の終了と同時にグループラインから抜けるように指導しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  7. 7

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  8. 8

    「やじうまワイド」でMC 58歳の玉利かおるさんは今何を?

  9. 9

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  10. 10

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る