山口事件で問題浮き彫り 10代女子を抱える芸能プロの悩み

公開日:

 女子高生に対する強制わいせつ容疑で書類送検されたTOKIOの山口達也(46)は、大方の予想通り、不起訴処分になった。被害少女側と示談が成立していることなどから、起訴猶予処分とみられる。

■SNSでタレント同士が簡単に連絡

 不起訴とはいえ、山口の罪が許されたわけじゃない。番組で共演した女子高生にわいせつ行為をはたらいた事実は消えないし、ネット上には「同じ年ごろの子供を持つ親として、とても無関心ではいられない」という声も根強く残っている。それに無関心でいられないのは、何も親だけじゃないようだ。

「10年前と比べると、子供たちが共演者に連絡先を教えることについてのハードルはグンと下がってしまいました」と、10代のタレントが所属する都内の芸能プロダクション関係者はこう続ける。


「ウチの事務所では数年前までは『番組共演者やスタッフには直接連絡先を教えない』という“ルール”があったのですが、最近はタレントが番組に出演することが決まると、すぐに共演者間でグループラインがつくられる。共演者間のライングループにはスタッフさんも入っていることがあり、場合によっては収録時間や集合場所の変更などがそこで知らされることも。ウチの事務所の子だけがグループに入っていないとなると、共演者間の話題についていけず、仲間外れにされてしまうこともあります。そのため、事務所に事前申告の上でライングループに入ることはOK、ただし、仕事の終了と同時にグループラインから抜けるように指導しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  8. 8

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  9. 9

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  10. 10

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

もっと見る