• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

あの“大物”もライバルに…登坂アナが復帰を急ぐ2020年問題

 4月2日に始まった「プライムニュースイブニング」(フジテレビ系)のメインキャスターに就任するはずだった元NHKの登坂淳一(46)アナ。今年1月の退局直後に「週刊文春」で過去のセクハラ疑惑が報じられ、番組スタート前に降板した。その登坂アナが、4月10日発売の「婦人公論」で降板後初めてインタビューに答え、謝罪。記事では、2011年6月に番組打ち上げ時に、女性が「セクハラを受けた」と感じるような行為をしたと認めた上で、「もう一度、自分にできることをやっていきたいと思っています」と、テレビ復帰への意欲を見せている。

「登坂アナは、15日放送のフジの『ワイドナショー』で、疑惑後初めてテレビにも出演します。この番組での復帰といえば、未成年者との飲酒が報じられ、活動を休止していた『ゲスの極み乙女。』の川谷絵音が思い出されますね。MCの松本人志のイジリにうまくこたえ、本格復帰への足掛かりにしたいのでしょう」(スポーツ紙記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  8. 8

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  9. 9

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  10. 10

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

もっと見る