小田桐誠
著者のコラム一覧
小田桐誠立教大学・武蔵大学非常勤講師

1953年青森県生まれ。出版社勤務を経て79年から著述業に専念。著書に「ドキュメント生協」「消えたお妃候補たち」「PTA改造講座」「テレビのからくり」「NHKはなぜ金持ちなのか?」など。07年9月から15年3月までBPO「放送と青少年に関する委員会」委員を務める。

気象予報士・森朗の天気予報は好感度が高く“愛されキャラ”

公開日:

診断結果は…【良】

「雷雨が心配でしたが、朝6時すぎ新潟で雷雨がありました。都心でも昼ごろ雷が鳴りました。現在の渋谷の気温は12.6度。こんな寒さになるのが11月ごろになるのかと思うと、名残惜しい気もします」と半年後を見通しての“森朗節”に、MCの恵俊彰が「なんですか、その開き直りは」と突っ込んだ。ここでいつもの森なら“ボケる”のだが、放送時間が少なくなっているからか、翌日以降の気象情報を解説していった。

 10日13時40分ごろのTBS系「ひるおび!」でのやりとりだ。立体化した模型などを活用して解説に悪戦苦闘する森に対して、恵が突っ込みを入れる。弁護士の八代英輝が「先週、言っていたことと随分、違うじゃないですか」などとチャチャを入れる。森はといえば予想が外れたことを詫びる。思わず口ごもる。立ったまま言葉が出てこない時もある。

 気象予報士でウェザーマップの代表取締役社長でもある森は慶大法学部を卒業後、鉄鋼メーカーに勤務。その後ウェザーマップに転職したが、前社長は森田正光だ。森田の代役としてTBS系の番組に出演するようになり、「ひるおび!」で人気に火がついた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る