井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

日大アメフト問題と対照的…特攻的犠牲主義と自己中心犯行

公開日: 更新日:

 いつまでやってんだ、日大アメフトのタックル問題。テレビをつけるたびに、赤の上着が青い上着に突撃する画像。何回、見たら許してくれるんだろ、もう苦痛でしかない。絶対支配者だったあの監督もコーチも除名されたんだろ。朝のテレビに映った瞬間、チャンネルを変えて、退避している。1日を嫌な気分で過ごさないようにだ。アメリカの学生アメフト界なら、あんな事態は3日間もあれば調べて、会見して、すぐに除名か永久追放処分しておしまいとか。そらそうだろ。日本のスポーツ組織は大相撲もそうだが、誰もがハッキリ言わないし、だらだらだ。

 そもそも、スポーツは「遊び」と訳されるのがふさわしいという。明治の初め、西洋から届いた「スポーツ」という語はどうにも翻訳しようがなかったが、この極東の島国に仕事で赴任し、休日に魚釣りや鴨狩りに出た西欧人のその行為も、初期の英和辞典では「スポーツ」だったとか。古来からある八百万の神たちに奉納する「祭り」も実はそうだが、ハッキリ白黒がつかないままの社会矛盾から生じる言い争い、暴力沙汰、部族間戦争、国家紛争、そんな野蛮を回避するため、闘争本能や殺人衝動から心と肉体を解放させるため、人間たちは知恵を出し合い、どうすれば相手を殺してしまうことなく身体能力だけを競う「遊び」ができるか、その独自ルールを編み出して発達させた文化だったのだ。動物親子の噛みつき合い、じゃれ合いだって本能的にルールがあるだろし、それが群れや家族の絆を保っているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  3. 3

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  4. 4

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  5. 5

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  6. 6

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  7. 7

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  8. 8

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  9. 9

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  10. 10

    阿炎キャバクラ通いバレ引退届 協会激怒も不受理の可能性

もっと見る