日大に内部抗争勃発 体育会OBの支配体制に教職員が蜂起

公開日: 更新日:

 アメフト部の騒動で大揺れの日大に、新たな登場人物が現れた。週刊新潮の最新号にも「黒幕コーチ」と書かれている、井ノ口忠男理事である。井ノ口氏は内田正人前監督の2年後輩にあたるアメフト部OB。大阪を拠点にさまざまな事業を展開する実業家で、昨年9月に突如として日大の理事に抜擢された。

「日大のトップに君臨する田中英寿理事長の覚えがめでたく、私設秘書のような存在。内田前監督が取締役を務める『株式会社日本大学事業部』の業務を実質的に取り仕切っています」(ジャーナリストの伊藤博敏氏)

 日大事業部は、日大の公式グッズや日大生向けの保険、事務用品の販売や学生寮の管理・清掃などを事業とする株式会社だ。民間調査会社によると、昨年の売り上げは約70億円。井ノ口氏は有能なビジネスマンということになるが、さる日大の関係者によれば、「相撲部総監督でもある田中理事長を頂点にし、人事担当の常務理事として内田前監督が人事の権力を握り、井ノ口理事がカネの面を担う。年間予算2000億円超の巨大学校法人を相撲部とアメフト部の3人が牛耳るといういびつな体制に、当然のことながら、教職員を中心とする関係者からは批判と不満の声が噴出していました」という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  8. 8

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る