なぜ打ち切った? “上から目線”の日大広報・米倉氏を直撃

公開日: 更新日:

 NYタイムズも報道するなど、騒動が泥沼化してきた日大アメフト部の「殺人タックル」問題。23日、都内で行われた会見で、ひたすら自己弁護に終始していた内田正人前監督(62)と井上奨コーチ(30)の姿は見苦しい限りだったが、それ以上に注目を集めたのが、司会役を務めた日大広報の米倉久邦氏だ。

「さっきからアナタしつこいけど」「ちょっとやめてください」「そういう仮定の質問はやめてください」「もう午後9時半過ぎましたんで」「もう同じ質問なんで打ち切ります」――。

 質問に真正面から答えようとしない内田前監督と井上コーチに食い下がる記者にブチ切れ。しまいにはマイクを握って答えようとする内田前監督すら無視し、強制的に会見を終了させてしまったから唖然ボー然。一体、何者なのかと思ったら元メディア記者というから驚きだ。

 公開されている経歴を見ると、1942年生まれで、東京出身。早稲田大学を卒業後、共同通信に入社し、ワシントン特派員や経済部長、論説委員長などを務めたらしい。「NHK情報公開・個人情報保護審議委員」や、林野庁の「森林関係の地球温暖化対策を考える会」委員にも就いていたほか、公益社団法人日本山岳会科学委員会委員長の顔も持つ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  6. 6

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る