なぜ打ち切った? “上から目線”の日大広報・米倉氏を直撃

公開日: 更新日:

 NYタイムズも報道するなど、騒動が泥沼化してきた日大アメフト部の「殺人タックル」問題。23日、都内で行われた会見で、ひたすら自己弁護に終始していた内田正人前監督(62)と井上奨コーチ(30)の姿は見苦しい限りだったが、それ以上に注目を集めたのが、司会役を務めた日大広報の米倉久邦氏だ。

「さっきからアナタしつこいけど」「ちょっとやめてください」「そういう仮定の質問はやめてください」「もう午後9時半過ぎましたんで」「もう同じ質問なんで打ち切ります」――。

 質問に真正面から答えようとしない内田前監督と井上コーチに食い下がる記者にブチ切れ。しまいにはマイクを握って答えようとする内田前監督すら無視し、強制的に会見を終了させてしまったから唖然ボー然。一体、何者なのかと思ったら元メディア記者というから驚きだ。

 公開されている経歴を見ると、1942年生まれで、東京出身。早稲田大学を卒業後、共同通信に入社し、ワシントン特派員や経済部長、論説委員長などを務めたらしい。「NHK情報公開・個人情報保護審議委員」や、林野庁の「森林関係の地球温暖化対策を考える会」委員にも就いていたほか、公益社団法人日本山岳会科学委員会委員長の顔も持つ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ココイチのバイトテロ「バカ投稿」代償はとてつもなく高い

  2. 2

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  3. 3

    「林死刑囚は無罪」元大阪高裁判事が再審を請求したワケ

  4. 4

    元AKBが独学で開業した繁盛ラーメン店の「味の秘密」<1>

  5. 5

    パソナ1000%の衝撃!コロナと五輪でボロ儲けのカラクリ

  6. 6

    田中みな実"チェーン店NG"に大倉忠義が放った父想いの一言

  7. 7

    朝乃山に永谷園NG!CM契約解除は序の口、今後は針のムシロ

  8. 8

    張本サマ、場末の凶状持ちのような山口古巣復帰への発言は

  9. 9

    また五輪“特権扱い” サーフィン会場でドンチャン騒ぎ容認

  10. 10

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

もっと見る