井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

閣僚給170万円だけ返納して反省だと? “世紀のケチ野郎”だ

公開日: 更新日:

 それにしてもだ。彼は財務省の不始末に見掛け倒しの反省心で、自ら、給料を1年間分返納した。大臣の年給与は2900万円ほど。えっ? あの口を曲げているだけでそんなにもらってたのか。いや、我々が税金からそんなにくれてやっていたのかと改めて呆れた。貧乏な映画屋たちが納める血税の何倍だろ? 芸能人の高額所得者(大災害が起きても1000円も寄付しない、セレブでも何でもないシブチンども)の税額のほんの一部だが、総資産が何億円もある麻生も、3000万円なんて鼻クソだし、何が“反省してます”だと思っていたら、また、ビックリだ。なんと閣僚給の170万円だけを返納するときたもんだ。ふざけるな。殴ってやろうかと思った。辞任するわけがない。権威にしがみ付きたい理由は「守銭奴」だからだ。“世紀のケチ野郎”だ。

 話を戻すが、目黒区で、5歳の娘を虐待して死なせた男(33)と母親(25)が逮捕されたが、2人は香川県に住んでた頃から、娘を栄養失調にさせ、殴っても医者に診せず放置したという。日に1度しか食事を与えない日もあり、ノートに書かせていた。「もうパパとママにいわれなくても しっかりとじぶんからきょうよりかもっともっとあしたはできるようになるから。もうおねがい、ゆるして、おねがいします」と。涙が出る日記だ。娘は母親の連れ子。男は他人、完全な鬼畜だ。東京に引っ越してきたばかりだが、児童相談所は、虐待の要注意人物だと知っていたという。なら、鬼畜から離せなかったか。もう絶句するしかない。映画芸術なんて無能でしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  8. 8

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  9. 9

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  10. 10

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

もっと見る