井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

閣僚給170万円だけ返納して反省だと? “世紀のケチ野郎”だ

公開日: 更新日:

 映画屋と××殺すのに刃物は要らず。雨の3日も降ればいいとか。その通り、先日、午前中の晴れ間のうちに、地方の町のさびれた裏通りを60年代の風情に見立てて、昔の新東宝のエロ映画の看板まで作って立てて、肉屋の店主のオヤジが「ケネディ暗殺される」なんて新聞記事をかざしながら、「この犯人よ、ソ連の回し者だっていうけど、オレは違うと思うな」とか何とか、隣の布団屋のオバちゃんに揚げたてのコロッケを分けてあげて話す場面を撮ろうとしてたら、結局、雨が降り出してロケ中止になって、さっぱりワヤだった。いよいよ、泣かせの梅雨に入ったというわけだ。

 6月8日といえば、10年前の白昼だ。秋葉原に男がトラックで現れ、サバイバルナイフで片っ端から人を襲い、7人が死亡、10人が負傷した戦後最悪の無差別通り魔事件があった日。でも、こんなことを思い出して書くこと自体、何とも不吉に思う。また似た事件が起きないとも限らない薄情な世の中だからだ。ネットでは人を中傷しかしない「書き込み」が絶えないし、「あおり運転」は死者まで出したのに、連鎖反応が起こっているし、幼児虐待もあちこちで起きている。ほんとに悲しくてやりきれない。何が悪いんだろう? えっ? 口を曲げた麻生太郎が大臣を辞めないで居直ってるからだってか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  4. 4

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  5. 5

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  8. 8

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  9. 9

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  10. 10

    まるで竹槍持たされて本土決戦に臨む戦争末期の日本と同じ

もっと見る