次女コウキが喧嘩の種に…キムタクvs静香の“仁義なき戦い”

公開日:  更新日:

 その甲斐あって、長女も次女も「フルートではヨーロッパで入賞したことがあるほどの腕前」(夫婦の知人)で、英語もフランス語もペラッペラ。そんな将来有望の娘に対し、積極的に芸能界デビューを仕掛けたのは、もちろん、妻の静香。

■クリスマスディナーショーに“参戦”情報も

「姉妹仲はものすごくいいんですが、性格は真逆。どちらかといえば長女は木村、次女は工藤の方になついており、次女は中学生になったころから芸能界を意識し出したそうです。工藤も中学2年生から『セブンティーンクラブ』というユニットを組んでアイドル活動を始めた。母娘揃って因縁めいたものを感じますね」(芸能プロ関係者)

 もっとも、コウキのデビューについて大々的にお披露目する青写真は描いていなかったそうで、「ある女性週刊誌が木村と工藤の次女だと嗅ぎ付けたため、スポーツ紙に急きょ、全容を流すことになった」(雑誌ライター)という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る