字幕もお粗末…NHK総合「サッカーW杯」の画質が荒いワケ

公開日: 更新日:

 もしや壊れたのか?と、思わずテレビ画面を叩いたオトーサンは少なくないだろう。サッカーW杯ロシア大会を放送するNHK総合の画質が驚くほど粗い。16日の仏×豪、17日の独×メキシコ、18日のスウェーデン×韓の一部分がそれ。たとえるなら、VHSテープをケチって3倍速録画をしたかのような時代錯誤のクオリティーで、選手の顔の判別はおろか、字幕も横広でお粗末なレベルで、思わず受信料返せ! と叫びたくなるが……。

 NHKは今回のW杯の一部放送でマルチ編成を採用している。「マルチ編成を行う場合には、1チャンネル分の放送帯域で2番組を同時に放送するため」(NHK広報部=以下同)、画像などの質が低下するという。まあ簡単にいえば、出力を2分割にすることによって起こる弊害だったというわけだ。

 同時放送の2番組はそれぞれ〈メインチャンネル〉と〈サブチャンネル〉と呼ばれ、W杯ではいずれもメインの方でニュース番組やドラマが放送されていた。メインとサブのネーミングには優劣を感じるが、パワーの配分は「均等」。それでも、サブのサッカーの試合の方が粗く見えるのは、映し出す対象物(ボールや選手)が、ニュースを読むキャスターの映像より動きが活発だかららしい。そんなマルチ編成時の画像の粗さは、「国際中継、国内中継で差はない」という。

 ちなみに21日以降、現在確定している今後の放送日程(グループリーグ)でマルチ編成に該当する試合はないため、とりあえず、イラッとすることはなさそうだけど。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    チャリティーゴルフで社会貢献 人気絶頂女子プロの“本音”

もっと見る