• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

字幕もお粗末…NHK総合「サッカーW杯」の画質が荒いワケ

 もしや壊れたのか?と、思わずテレビ画面を叩いたオトーサンは少なくないだろう。サッカーW杯ロシア大会を放送するNHK総合の画質が驚くほど粗い。16日の仏×豪、17日の独×メキシコ、18日のスウェーデン×韓の一部分がそれ。たとえるなら、VHSテープをケチって3倍速録画をしたかのような時代錯誤のクオリティーで、選手の顔の判別はおろか、字幕も横広でお粗末なレベルで、思わず受信料返せ! と叫びたくなるが……。

 NHKは今回のW杯の一部放送でマルチ編成を採用している。「マルチ編成を行う場合には、1チャンネル分の放送帯域で2番組を同時に放送するため」(NHK広報部=以下同)、画像などの質が低下するという。まあ簡単にいえば、出力を2分割にすることによって起こる弊害だったというわけだ。

 同時放送の2番組はそれぞれ〈メインチャンネル〉と〈サブチャンネル〉と呼ばれ、W杯ではいずれもメインの方でニュース番組やドラマが放送されていた。メインとサブのネーミングには優劣を感じるが、パワーの配分は「均等」。それでも、サブのサッカーの試合の方が粗く見えるのは、映し出す対象物(ボールや選手)が、ニュースを読むキャスターの映像より動きが活発だかららしい。そんなマルチ編成時の画像の粗さは、「国際中継、国内中継で差はない」という。

 ちなみに21日以降、現在確定している今後の放送日程(グループリーグ)でマルチ編成に該当する試合はないため、とりあえず、イラッとすることはなさそうだけど。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  7. 7

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

もっと見る