字幕もお粗末…NHK総合「サッカーW杯」の画質が荒いワケ

公開日:

 もしや壊れたのか?と、思わずテレビ画面を叩いたオトーサンは少なくないだろう。サッカーW杯ロシア大会を放送するNHK総合の画質が驚くほど粗い。16日の仏×豪、17日の独×メキシコ、18日のスウェーデン×韓の一部分がそれ。たとえるなら、VHSテープをケチって3倍速録画をしたかのような時代錯誤のクオリティーで、選手の顔の判別はおろか、字幕も横広でお粗末なレベルで、思わず受信料返せ! と叫びたくなるが……。

 NHKは今回のW杯の一部放送でマルチ編成を採用している。「マルチ編成を行う場合には、1チャンネル分の放送帯域で2番組を同時に放送するため」(NHK広報部=以下同)、画像などの質が低下するという。まあ簡単にいえば、出力を2分割にすることによって起こる弊害だったというわけだ。

 同時放送の2番組はそれぞれ〈メインチャンネル〉と〈サブチャンネル〉と呼ばれ、W杯ではいずれもメインの方でニュース番組やドラマが放送されていた。メインとサブのネーミングには優劣を感じるが、パワーの配分は「均等」。それでも、サブのサッカーの試合の方が粗く見えるのは、映し出す対象物(ボールや選手)が、ニュースを読むキャスターの映像より動きが活発だかららしい。そんなマルチ編成時の画像の粗さは、「国際中継、国内中継で差はない」という。

 ちなみに21日以降、現在確定している今後の放送日程(グループリーグ)でマルチ編成に該当する試合はないため、とりあえず、イラッとすることはなさそうだけど。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る