歴史的快挙のアイスランド 当日の視聴率は“奇跡の99.6%”

公開日: 更新日:

 誇張、見間違い、改ざん――。そうとしか思えない非現実的な視聴率だが、まんざらインチキでもなさそうだ。

 D組のアイスランドは今大会がW杯初出場。それが16日の初戦で優勝候補のアルゼンチンに1―1で引き分けたのだから、歴史的快挙だろう。

 さらに驚くべきことに、アイスランド国民約35万人のほぼすべてがこの「奇跡」を見守ったというのだ。アイスランドのサッカー協会の公式ツイッターによれば、当日の試合の視聴率は、なんと99・6%!

 アイスランドはウインタースポーツ以外でも国技のハンドボールが北京五輪銀メダルの強豪国だが、伝統的にサッカーも盛ん。

 それでも苦戦が続き、2010年のFIFAランキングは112位だった。現在は22位と順位を上げ、16年の欧州選手権ではイングランドを破り、ベスト8に進出。欧州予選I組を1位で突破し、今大会の出場キップをもぎとった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  4. 4

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  5. 5

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  8. 8

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  9. 9

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  10. 10

    162km阪神藤浪にサイドスロー転向案が再浮上していた仰天

もっと見る