西野Jだけでなく強豪国にも火種…W杯のスポンサー料も激減

公開日:  更新日:

 現地14日午後3時半からベースキャンプ地のカザンでの初練習を開始した西野ジャパン。

「パラグアイ戦にフル出場した6選手と79分までプレーしたMF乾貴士の7人はランニングなどのメニューで終了。それ以外の選手は10対3のボール回しなどを行った。現在、注目を集めているのがMF本田圭佑、MF香川真司のどちらが<トップ下のレギュラーを獲得するか>です。フル出場した香川、ベンチを温めた本田がこの日、練習グラウンドで絡むシーンはなかったが、パラグアイ戦で存在感を見せつけた香川の方が、リラックスした表情を浮かべながら体を動かし、取材陣に対してもにこやかに対応していた。現時点では、香川自身も<一歩リード>している実感を持っているでしょう」(現地取材中の元サッカーダイジェスト編集長・六川亨氏)

 西野監督は、本大会前のテストマッチ3試合で3バックや4バックを試したり、スイス戦でレギュラー組中心の、パラグアイ戦でサブ組中心のメンバーで臨み、最終的に「14通り」の布陣をテストした。多くの日本代表OBから「この期に及んでまだテストか……」といぶかられている。西野ジャパンが、予想通りに1次リーグで姿を消したとしても、W杯で優勝争いを演じる強豪国の選手たちがスーパープレーを見せてくれたらまだ救いもあるが、その強豪国が火種を抱えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る