西野Jだけでなく強豪国にも火種…W杯のスポンサー料も激減

公開日:  更新日:

 現地14日午後3時半からベースキャンプ地のカザンでの初練習を開始した西野ジャパン。

「パラグアイ戦にフル出場した6選手と79分までプレーしたMF乾貴士の7人はランニングなどのメニューで終了。それ以外の選手は10対3のボール回しなどを行った。現在、注目を集めているのがMF本田圭佑、MF香川真司のどちらが<トップ下のレギュラーを獲得するか>です。フル出場した香川、ベンチを温めた本田がこの日、練習グラウンドで絡むシーンはなかったが、パラグアイ戦で存在感を見せつけた香川の方が、リラックスした表情を浮かべながら体を動かし、取材陣に対してもにこやかに対応していた。現時点では、香川自身も<一歩リード>している実感を持っているでしょう」(現地取材中の元サッカーダイジェスト編集長・六川亨氏)

 西野監督は、本大会前のテストマッチ3試合で3バックや4バックを試したり、スイス戦でレギュラー組中心の、パラグアイ戦でサブ組中心のメンバーで臨み、最終的に「14通り」の布陣をテストした。多くの日本代表OBから「この期に及んでまだテストか……」といぶかられている。西野ジャパンが、予想通りに1次リーグで姿を消したとしても、W杯で優勝争いを演じる強豪国の選手たちがスーパープレーを見せてくれたらまだ救いもあるが、その強豪国が火種を抱えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る