• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

西野Jだけでなく強豪国にも火種…W杯のスポンサー料も激減

 現地14日午後3時半からベースキャンプ地のカザンでの初練習を開始した西野ジャパン。

「パラグアイ戦にフル出場した6選手と79分までプレーしたMF乾貴士の7人はランニングなどのメニューで終了。それ以外の選手は10対3のボール回しなどを行った。現在、注目を集めているのがMF本田圭佑、MF香川真司のどちらが<トップ下のレギュラーを獲得するか>です。フル出場した香川、ベンチを温めた本田がこの日、練習グラウンドで絡むシーンはなかったが、パラグアイ戦で存在感を見せつけた香川の方が、リラックスした表情を浮かべながら体を動かし、取材陣に対してもにこやかに対応していた。現時点では、香川自身も<一歩リード>している実感を持っているでしょう」(現地取材中の元サッカーダイジェスト編集長・六川亨氏)

 西野監督は、本大会前のテストマッチ3試合で3バックや4バックを試したり、スイス戦でレギュラー組中心の、パラグアイ戦でサブ組中心のメンバーで臨み、最終的に「14通り」の布陣をテストした。多くの日本代表OBから「この期に及んでまだテストか……」といぶかられている。西野ジャパンが、予想通りに1次リーグで姿を消したとしても、W杯で優勝争いを演じる強豪国の選手たちがスーパープレーを見せてくれたらまだ救いもあるが、その強豪国が火種を抱えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る