西野Jだけでなく強豪国にも火種…W杯のスポンサー料も激減

公開日: 更新日:

 現地14日午後3時半からベースキャンプ地のカザンでの初練習を開始した西野ジャパン。

「パラグアイ戦にフル出場した6選手と79分までプレーしたMF乾貴士の7人はランニングなどのメニューで終了。それ以外の選手は10対3のボール回しなどを行った。現在、注目を集めているのがMF本田圭佑、MF香川真司のどちらが<トップ下のレギュラーを獲得するか>です。フル出場した香川、ベンチを温めた本田がこの日、練習グラウンドで絡むシーンはなかったが、パラグアイ戦で存在感を見せつけた香川の方が、リラックスした表情を浮かべながら体を動かし、取材陣に対してもにこやかに対応していた。現時点では、香川自身も<一歩リード>している実感を持っているでしょう」(現地取材中の元サッカーダイジェスト編集長・六川亨氏)

 西野監督は、本大会前のテストマッチ3試合で3バックや4バックを試したり、スイス戦でレギュラー組中心の、パラグアイ戦でサブ組中心のメンバーで臨み、最終的に「14通り」の布陣をテストした。多くの日本代表OBから「この期に及んでまだテストか……」といぶかられている。西野ジャパンが、予想通りに1次リーグで姿を消したとしても、W杯で優勝争いを演じる強豪国の選手たちがスーパープレーを見せてくれたらまだ救いもあるが、その強豪国が火種を抱えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

  9. 9

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  10. 10

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

もっと見る