• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

レイザーラモンRG出渕誠さん<3>「家を継ぎたい」とウソ

 営業マンの仕事は午前9時から午後5時までだったが、入社3カ月を迎えるころには、昼間に芸人の仕事が入るようになった。テレビ番組の依頼も入り、掛け持ちできないほど多忙に。芸人で食べていくと決意し、大阪トヨタを辞めた。

「営業所長に辞意を伝えるときに、すぐに辞めることに引け目を感じて、『親が体調不良で家を継がないといけなくなった』とウソをついたんです。すると、『怒らんから本当のことを言ってくれ』と。バレていましたね。それで、学生時代にお笑いで賞を取っていたこと、これからは芸人一本でやりたいと本音を伝えました」

 その際の所長の言葉が今も脳裏から離れない。会社員生活で、最も記憶に残ったやりとりだった。

「『俺も、今の職業になるまで何度も職をかえてきた。やっと自分に合う仕事に出合って、続けていたら今の地位に就いた。コレだと思ったら、続けろよ』と温かく送り出してくれました。課長も応援してくれました。当時、セルシオの購入者しかもらえない高級時計も、『特別やぞ、頑張れよ』とはなむけにプレゼントしてもらったり……。これは今でも大事に持っています。トヨタは、初任給も高かったし、休みもきっちりあって恵まれた環境でした。入社時に作ったトヨタのクレジットカードは、今でも使っていますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る