レイザーラモンRG出渕誠さん<3>「家を継ぎたい」とウソ

公開日:  更新日:

 営業マンの仕事は午前9時から午後5時までだったが、入社3カ月を迎えるころには、昼間に芸人の仕事が入るようになった。テレビ番組の依頼も入り、掛け持ちできないほど多忙に。芸人で食べていくと決意し、大阪トヨタを辞めた。

「営業所長に辞意を伝えるときに、すぐに辞めることに引け目を感じて、『親が体調不良で家を継がないといけなくなった』とウソをついたんです。すると、『怒らんから本当のことを言ってくれ』と。バレていましたね。それで、学生時代にお笑いで賞を取っていたこと、これからは芸人一本でやりたいと本音を伝えました」

 その際の所長の言葉が今も脳裏から離れない。会社員生活で、最も記憶に残ったやりとりだった。

「『俺も、今の職業になるまで何度も職をかえてきた。やっと自分に合う仕事に出合って、続けていたら今の地位に就いた。コレだと思ったら、続けろよ』と温かく送り出してくれました。課長も応援してくれました。当時、セルシオの購入者しかもらえない高級時計も、『特別やぞ、頑張れよ』とはなむけにプレゼントしてもらったり……。これは今でも大事に持っています。トヨタは、初任給も高かったし、休みもきっちりあって恵まれた環境でした。入社時に作ったトヨタのクレジットカードは、今でも使っていますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

もっと見る