レイザーラモンRG出渕誠さん<2>社内行事も1人だけ欠席した

公開日:  更新日:

 1998年4月、大阪トヨタ自動車に入社。営業部に配属された。しかし、本心では「いつかはお笑い芸人として活躍したい」という思いも抱える。一方、すぐには会社を辞められないという社会人としての“責任”も感じていた。

 それでも入社直後から、相方のHGさんとともに平日はサラリーマン、休日は芸人として活動を始める。

「当時、大阪の『2丁目劇場』でオーディションイベントをやっていたんです。それが日曜日だったので、毎週末にオーディションを受ける生活になりました」

 配属された営業所にいたのは3カ月だけ。独り立ちする前に辞めているが、挨拶や名刺の渡し方など接客のイロハや所内の掃除の仕方を学び、研修で淡路島合宿もやっている。ただ、会社には馴染めなかった。

「一人前にしようと指導してくれた先輩にも、可愛げのない態度で接していました。漫才コンクールの大賞をもらった自負があって、気持ちの上では仕事よりお笑いを優先していたんです。トヨタの営業所の人たちにとっては、『大賞』なんて何の意味もないですけどね。仕事はまだ実践に入る前の段階でしたから、ミスをしたり、問題を起こしたりはなかったです。記憶に残るような仕事もありません。『どうせ辞めるから』みたいな感覚で、先輩営業マンのように髪もバシッとまとめることはなく、ラフなスタイルで出社していましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る