レイザーラモンRG出渕誠さん<2>社内行事も1人だけ欠席した

公開日: 更新日:

 1998年4月、大阪トヨタ自動車に入社。営業部に配属された。しかし、本心では「いつかはお笑い芸人として活躍したい」という思いも抱える。一方、すぐには会社を辞められないという社会人としての“責任”も感じていた。

 それでも入社直後から、相方のHGさんとともに平日はサラリーマン、休日は芸人として活動を始める。

「当時、大阪の『2丁目劇場』でオーディションイベントをやっていたんです。それが日曜日だったので、毎週末にオーディションを受ける生活になりました」

 配属された営業所にいたのは3カ月だけ。独り立ちする前に辞めているが、挨拶や名刺の渡し方など接客のイロハや所内の掃除の仕方を学び、研修で淡路島合宿もやっている。ただ、会社には馴染めなかった。

「一人前にしようと指導してくれた先輩にも、可愛げのない態度で接していました。漫才コンクールの大賞をもらった自負があって、気持ちの上では仕事よりお笑いを優先していたんです。トヨタの営業所の人たちにとっては、『大賞』なんて何の意味もないですけどね。仕事はまだ実践に入る前の段階でしたから、ミスをしたり、問題を起こしたりはなかったです。記憶に残るような仕事もありません。『どうせ辞めるから』みたいな感覚で、先輩営業マンのように髪もバシッとまとめることはなく、ラフなスタイルで出社していましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  5. 5

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  8. 8

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  9. 9

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る