• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

レイザーラモンRG出渕誠さん<2>社内行事も1人だけ欠席した

 1998年4月、大阪トヨタ自動車に入社。営業部に配属された。しかし、本心では「いつかはお笑い芸人として活躍したい」という思いも抱える。一方、すぐには会社を辞められないという社会人としての“責任”も感じていた。

 それでも入社直後から、相方のHGさんとともに平日はサラリーマン、休日は芸人として活動を始める。

「当時、大阪の『2丁目劇場』でオーディションイベントをやっていたんです。それが日曜日だったので、毎週末にオーディションを受ける生活になりました」

 配属された営業所にいたのは3カ月だけ。独り立ちする前に辞めているが、挨拶や名刺の渡し方など接客のイロハや所内の掃除の仕方を学び、研修で淡路島合宿もやっている。ただ、会社には馴染めなかった。

「一人前にしようと指導してくれた先輩にも、可愛げのない態度で接していました。漫才コンクールの大賞をもらった自負があって、気持ちの上では仕事よりお笑いを優先していたんです。トヨタの営業所の人たちにとっては、『大賞』なんて何の意味もないですけどね。仕事はまだ実践に入る前の段階でしたから、ミスをしたり、問題を起こしたりはなかったです。記憶に残るような仕事もありません。『どうせ辞めるから』みたいな感覚で、先輩営業マンのように髪もバシッとまとめることはなく、ラフなスタイルで出社していましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

もっと見る