井上トシユキ
著者のコラム一覧
井上トシユキ

1964年、京都市生まれ。同志社大学文学部卒業後、会社員を経て、98年からジャーナリスト、ライター。IT、ネット、投資、科学技術、芸能など幅広い分野で各種メディアへの寄稿、出演多数。

ITセミナー講師刺殺事件 凶行のトリガーとなった“接点”は

公開日:

 福岡市で起きたIT関連のセミナー講師を務めていた会社員(41)の殺害事件。典型的な「構ってちゃん」タイプだとみられる加害者と被害者との接点は、ネットのどこにあったのだろうか。

 被害者は、5月に加害者から定期的に絡まれていることを明らかにする記事を書いていた。この“一度だけの関係”が凶行のトリガーとなった可能性がある。

 加害者は、公衆の面前でこの上なく侮辱された、と感じてしまったのではないか。

 実際のところ、ブログやSNS上で記事やコメントの書き手と、書かれた相手やそのシンパとが言い争いのようになり、罵詈雑言を吐き合って炎上するなど珍しくもない光景だ。

 だが、現実世界での殺害まで至った例は聞いたことがない。不幸だったのは、被害者が自分のセミナーについて日にちや場所を宣伝していて、それが加害者の地元だったことである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

もっと見る