井上トシユキ
著者のコラム一覧
井上トシユキITジャーナリスト

1964年、京都市生まれ。同志社大学文学部卒業後、会社員を経て、98年からジャーナリスト、ライター。IT、ネット、投資、科学技術、芸能など幅広い分野で各種メディアへの寄稿、出演多数。

明確な悪意と人種差別表現 H&Mが狙った炎上商法ではないか

公開日: 更新日:

 わざと過激な発言をして注目を集め、都合よく事を運ぼうとする「炎上商法」の登場は、ネット上のコミュニケーションの深読み、裏読みをより複雑にしてしまった。ただ、商法は大勢の注目を集めるがゆえに、さまざまな角度からの検証も受ける。その結果、炎上商法の巧拙はかなりハッキリとわかってしまう。

 今年1月、大手ファストファッションのH&Mが通販サイトに掲載した画像が差別表現だと問題になり、世界的に大炎上した。黒人の子供が「ジャングル中で一番イケてるサル」とプリントされたパーカを着ている画像をデカデカと掲載したのだ。その一方で、同じサイトに掲載された白人の子供が着ていた色違いのパーカにプリントされていたのは、「マングローブの密林で生き残る専門家」というもの。誰が見ても黒人に対して悪意があるとされたわけだ。

「なぜ、これがOKだと思ったのか説明してくれるかしら?」「もうH&Mにはお金を落とさない!」「ダブル、トリプルにチェックした?」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  6. 6

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  7. 7

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  8. 8

    脚本家・三谷幸喜さんが語る“シットコム”への新たな思い

  9. 9

    巨人上位候補 天理大148km左腕・森浦&明石商・来田の実力

  10. 10

    NHK「あさイチ」ピンチ テレ朝に負け続け打ち切りも視野か

もっと見る