井上トシユキ
著者のコラム一覧
井上トシユキ

1964年、京都市生まれ。同志社大学文学部卒業後、会社員を経て、98年からジャーナリスト、ライター。IT、ネット、投資、科学技術、芸能など幅広い分野で各種メディアへの寄稿、出演多数。

明確な悪意と人種差別表現 H&Mが狙った炎上商法ではないか

公開日:

 わざと過激な発言をして注目を集め、都合よく事を運ぼうとする「炎上商法」の登場は、ネット上のコミュニケーションの深読み、裏読みをより複雑にしてしまった。ただ、商法は大勢の注目を集めるがゆえに、さまざまな角度からの検証も受ける。その結果、炎上商法の巧拙はかなりハッキリとわかってしまう。

 今年1月、大手ファストファッションのH&Mが通販サイトに掲載した画像が差別表現だと問題になり、世界的に大炎上した。黒人の子供が「ジャングル中で一番イケてるサル」とプリントされたパーカを着ている画像をデカデカと掲載したのだ。その一方で、同じサイトに掲載された白人の子供が着ていた色違いのパーカにプリントされていたのは、「マングローブの密林で生き残る専門家」というもの。誰が見ても黒人に対して悪意があるとされたわけだ。

「なぜ、これがOKだと思ったのか説明してくれるかしら?」「もうH&Mにはお金を落とさない!」「ダブル、トリプルにチェックした?」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る