井上トシユキ
著者のコラム一覧
井上トシユキ

1964年、京都市生まれ。同志社大学文学部卒業後、会社員を経て、98年からジャーナリスト、ライター。IT、ネット、投資、科学技術、芸能など幅広い分野で各種メディアへの寄稿、出演多数。

一度きりの人種ヘイトで全てを失ったハリウッド女優の場合

公開日:

 黒人の子供が「ジャングル中で一番イケてるサル」とプリントされたパーカを着た画像を掲載し、黒人への悪意があると炎上したファストファッション大手H&M。人種や宗教に敏感なはずのグローバル企業が、イージーミスをするだろうか。

 一部のメディアや業界関係者が炎上商法を疑うのには、それなりの根拠がある。H&Mは、炎上の直近に過去最低の売り上げ低下を記録していたのだ。報じた各種の記事によれば、グループ全体としてはわずかに成長しているものの、ブランドとしてのH&M単体では問題があり、ファンド等の大口の株主が株を売却しているという。

 なにしろ、売れ残りの在庫が40億ドル分、4000億円以上にも達するというのだから半端ない。

 リアル世界ではZARAなどのトレンドをうまく取り入れている後発に抜かされ、先鞭をつけたはずのオンライン販売でも他のファストファッションに水をあけられている。そうした状況のなかで、とにかく再注目させるため、リスクを承知で炎上商法に手を出したとしても驚きはそれほどない、とアパレル関係者も異口同音に話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る