• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
井上トシユキ
著者のコラム一覧
井上トシユキ

1964年、京都市生まれ。同志社大学文学部卒業後、会社員を経て、98年からジャーナリスト、ライター。IT、ネット、投資、科学技術、芸能など幅広い分野で各種メディアへの寄稿、出演多数。

一度きりの人種ヘイトで全てを失ったハリウッド女優の場合

 黒人の子供が「ジャングル中で一番イケてるサル」とプリントされたパーカを着た画像を掲載し、黒人への悪意があると炎上したファストファッション大手H&M。人種や宗教に敏感なはずのグローバル企業が、イージーミスをするだろうか。

 一部のメディアや業界関係者が炎上商法を疑うのには、それなりの根拠がある。H&Mは、炎上の直近に過去最低の売り上げ低下を記録していたのだ。報じた各種の記事によれば、グループ全体としてはわずかに成長しているものの、ブランドとしてのH&M単体では問題があり、ファンド等の大口の株主が株を売却しているという。

 なにしろ、売れ残りの在庫が40億ドル分、4000億円以上にも達するというのだから半端ない。

 リアル世界ではZARAなどのトレンドをうまく取り入れている後発に抜かされ、先鞭をつけたはずのオンライン販売でも他のファストファッションに水をあけられている。そうした状況のなかで、とにかく再注目させるため、リスクを承知で炎上商法に手を出したとしても驚きはそれほどない、とアパレル関係者も異口同音に話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る