漫画が35万部ヒット カラテカ矢部に聞く「作家転向は?」

公開日:

 カラテカの矢部太郎(41)がアパートの大家さんとの日々をつづったマンガ「大家さんと僕」(新潮社)で「手塚治虫文化賞」を受賞。お笑い芸人受賞は初という快挙に加え、なんと35万部突破。自分でも驚いたという矢部本人に話を聞いた。

 矢部の階下に住むお嬢さま育ちの大家さん(88)と一緒に伊勢丹に買い物に行ったり、鹿児島旅行に行ったりと、大家と店子とは思えぬ“近すぎる”距離感とほのぼのとした生活が読者にウケている。そもそも何がキッカケで「大家さんと僕」が誕生したのだろうか。

「日本テレビのバラエティー番組の撮影で、部屋にポケバイを走らせたり、めちゃくちゃなことをされまして。家を追い出されることになって引っ越したのが今の部屋でした。

 大家さんと仲良くなっていつものように京王プラザホテルでお茶をしていたら、同じよしもとの文化部に所属している作家の倉科遼さんとルー大柴さんにお会いしたんです。倉科さんに大家さんのことを聞かれて話したら『マンガにしたらいいんじゃないか』とアドバイスをくださって。倉科さんが事務所の人に口添えしてくれて、新潮社で連載することになりました。でも、ルー大柴さんは僕たちに関心がなかったので、この瞬間がきっかけで、今こんなことになっているとは全く知らないんですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  7. 7

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  8. 8

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  9. 9

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る