• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
片岡たまき
著者のコラム一覧
片岡たまき

神奈川県平塚市出身。元RCサクセション・マネジャー兼衣装係。夫は「パスカルズ」のバンドマスター、ロケット・マツ氏。著書に「あの頃、忌野清志郎と」(宝島社)。

自転車で160キロ完走 清志郎からもらった最も大きなプレゼント

 ツアー先のホテルでメンバーやスタッフの飲み物がなくなると、「遠慮せずに飲みたまえ」と言って部屋の冷蔵庫からビールを取り出してきた清志郎。評伝「GOTTA!忌野清志郎」(連野城太郎著・角川文庫)の中で本人は、「友だちとか来ても、ビールとか出してもてなせるようになったしさ。やっと人並みになれたってことだよね」とうれしそうに語っている。

 80年に発売されたアルバム「RHAPSODY・ラプソディー」(「雨あがりの夜空に」など収録)がヒットした頃の心境だ。高井戸の風呂なし・トイレ共同の「松風荘」から、明大前の風呂付きの部屋に引っ越したのもこの後。坂を駆け上がるようにRCサクセションはブレークした。

 長い下積み生活を思えば、ビールで友人をもてなすということには特別な思いが込められているのだろう。

 清志郎が50歳になって夢中になったのが自転車だった。東京~鹿児島間「ツール・ド・鹿児島」、51歳で松尾芭蕉ゆかりの地を巡る東京・深川~秋田・象潟間「ツール・ド・奥の細道」など、本格的な長距離を走破している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る