片岡たまき
著者のコラム一覧
片岡たまき

神奈川県平塚市出身。元RCサクセション・マネジャー兼衣装係。夫は「パスカルズ」のバンドマスター、ロケット・マツ氏。著書に「あの頃、忌野清志郎と」(宝島社)。

自転車で160キロ完走 清志郎からもらった最も大きなプレゼント

公開日: 更新日:

 ツアー先のホテルでメンバーやスタッフの飲み物がなくなると、「遠慮せずに飲みたまえ」と言って部屋の冷蔵庫からビールを取り出してきた清志郎。評伝「GOTTA!忌野清志郎」(連野城太郎著・角川文庫)の中で本人は、「友だちとか来ても、ビールとか出してもてなせるようになったしさ。やっと人並みになれたってことだよね」とうれしそうに語っている。

 80年に発売されたアルバム「RHAPSODY・ラプソディー」(「雨あがりの夜空に」など収録)がヒットした頃の心境だ。高井戸の風呂なし・トイレ共同の「松風荘」から、明大前の風呂付きの部屋に引っ越したのもこの後。坂を駆け上がるようにRCサクセションはブレークした。

 長い下積み生活を思えば、ビールで友人をもてなすということには特別な思いが込められているのだろう。

 清志郎が50歳になって夢中になったのが自転車だった。東京~鹿児島間「ツール・ド・鹿児島」、51歳で松尾芭蕉ゆかりの地を巡る東京・深川~秋田・象潟間「ツール・ド・奥の細道」など、本格的な長距離を走破している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  2. 2

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  8. 8

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  9. 9

    高校を中退し石原裕次郎の内弟子になろうと成城の自宅へ

  10. 10

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

もっと見る