片岡たまき
著者のコラム一覧
片岡たまき

神奈川県平塚市出身。元RCサクセション・マネジャー兼衣装係。夫は「パスカルズ」のバンドマスター、ロケット・マツ氏。著書に「あの頃、忌野清志郎と」(宝島社)。

自転車で160キロ完走 清志郎からもらった最も大きなプレゼント

公開日: 更新日:

 ツアー先のホテルでメンバーやスタッフの飲み物がなくなると、「遠慮せずに飲みたまえ」と言って部屋の冷蔵庫からビールを取り出してきた清志郎。評伝「GOTTA!忌野清志郎」(連野城太郎著・角川文庫)の中で本人は、「友だちとか来ても、ビールとか出してもてなせるようになったしさ。やっと人並みになれたってことだよね」とうれしそうに語っている。

 80年に発売されたアルバム「RHAPSODY・ラプソディー」(「雨あがりの夜空に」など収録)がヒットした頃の心境だ。高井戸の風呂なし・トイレ共同の「松風荘」から、明大前の風呂付きの部屋に引っ越したのもこの後。坂を駆け上がるようにRCサクセションはブレークした。

 長い下積み生活を思えば、ビールで友人をもてなすということには特別な思いが込められているのだろう。

 清志郎が50歳になって夢中になったのが自転車だった。東京~鹿児島間「ツール・ド・鹿児島」、51歳で松尾芭蕉ゆかりの地を巡る東京・深川~秋田・象潟間「ツール・ド・奥の細道」など、本格的な長距離を走破している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  5. 5

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  6. 6

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

もっと見る