• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

 人気のお笑いコンビ・サンドウィッチマンでボケとネタ作り担当の富澤たけしさん(44)。11年前の「M―1グランプリ」(テレビ朝日系)で史上初(当時)、敗者復活戦から決勝に進出し、逆転優勝を果たしたが、今だから語る“その日”――。

 ◇  ◇  ◇

 相方の伊達(みきお)と2人で、アパートで同居していた頃はお金もなく、バイトしながらネタを作ってライブに出る繰り返しでしたね。「エンタの神様」(日本テレビ系)とかネタ番組に出始めてからも、ギリギリ食えるか食えないかって感じで親に借金してました。

 ところが、「M―1」で優勝した2007年の暮れで生活が一変しました。02年から出場して05年からは3年連続で準決勝までいけてた。07年の準決勝敗者が数十組集まっての敗者復活戦は寒い大井競馬場の野外ステージ。その年は敗者復活から決勝にいくのは麒麟じゃないかと噂されてた。でも、ネタを見たらそんなに笑いが爆発してなかったので“麒麟じゃなければ可能性あるかなぁ”って思った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  9. 9

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る