二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

千鳥、サンドも…お笑い界は“バラ売り”から“コンビ回帰”へ

公開日:  更新日:

「大ヒット公開中」の文言は一概に信じ難い部分もあるが、公開中の「万引き家族」は間違いなく大ヒット中。早くも今年の邦画ナンバーワンの呼び声も高い。物語のテーマは家族の絆だが、7年前の東日本大震災以降、改めて再認識されているのが「絆」。芸能界にも一時、「絆をテーマに」という動きがあったが、最近のお笑い界にも「絆」の一端を垣間見ることができる。

 バラエティーは明石家さんまを筆頭にピン芸人が依然として主体だが、メキメキ頭角を表してきたのが漫才コンビ。冠番組も増え、TVのレギュラーが10本を超えたサンドウィッチマン。司会に散歩番組と好調が続くタカアンドトシ。NHK「あさイチ」の司会の座までゲットした博多華丸・大吉。さらに「バブル到来」とまで言われ出し、コミカルなCMも人気の千鳥も人気急上昇中。

 目立つところですでに4組。テレビ関係者によれば、「これからM―1グランプリなどもあり、コンビ売りは続く。さらに出てくるだろうし、制作側も人気コンビが狙い目」という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る