綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

公開日: 更新日:

 先週放送の第2話は、「義母」が11・3%とほぼキープ。それに対し、「高嶺」は9・6%と1ケタ台に転落した。

「2話まで見た限りでは、ドラマ全体の魅力としては『義母』、女優の魅力としては『高嶺』と感じました。『高嶺』は、石原がどの場面でも、とにかくかわいくて魅力的。第2話のキャバ嬢姿なんて、男性視聴者のツイートがかなり盛り上がっていましたからね。ただ、石原の印象が強すぎるのと、その割に登場キャラが多いことで、ストーリーに入り込みにくい側面がある。その点、『義母』の方がバランスもテンポもよく、見やすいのかな、という気がします」(亀井徳明氏)

 女優の魅力で石原に軍配を上げつつ、全体のデキは「義母」。最終回まであと2カ月、このまま綾瀬がリードするのか、それとも石原の巻き返しはあるのか。

「『高嶺』の脚本は、1991年の"伝説的月9"『101回目のプロポーズ』の野島伸司氏。くしくも"美女と野獣"ものですよね。このまま引き下がらず、最後まで『義母』とデッドヒートという展開を期待しています」(亀井徳明氏)

 "美女対決"を追っていくのも、寝苦しい夜の一興か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  3. 3

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  4. 4

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  5. 5

    コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ

  6. 6

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  7. 7

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  8. 8

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  9. 9

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  10. 10

    花田美恵子さん<3>フライト中に貴乃花から食事に誘われて

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る