綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

公開日:

 綾瀬はるか(33)と石原さとみ(31)。ともにホリプロの"看板女優"で、ライバルでもある2人のアラサー女優が夏の連ドラで主演し、"直接対決"に注目が集まっている。

「視聴率は主演だけで決まるわけではありませんが、2人が同じクールとなると、どうしても数字を比較したくなりますよね」

 そう語るのはテレビコラムニストの亀井徳明氏だ。

 綾瀬がバリバリのキャリアウーマンを演じる「義母と娘のブルース」(TBS=火曜夜10時)は初回11・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)。一方、石原が華道名門の令嬢という設定の「高嶺の花」(日本テレビ=水曜夜10時)は11・1%と、ほぼ互角ながら、わずかに綾瀬が上回った。

「綾瀬が昨年10月クールの日テレ水曜夜10時枠で主演した『奥様は、取り扱い注意』は平均12・7%。その1年前に同じ枠で石原が主演した『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』の12・4%をわずかに上回っていますが、これまた、ほぼ互角。だから同時に主演している今クールの数字は、彼女たち自身はもちろん、周囲のスタッフも相当意識しているようです」(テレビ情報誌ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る