綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

公開日: 更新日:

 綾瀬はるか(33)と石原さとみ(31)。ともにホリプロの"看板女優"で、ライバルでもある2人のアラサー女優が夏の連ドラで主演し、"直接対決"に注目が集まっている。

「視聴率は主演だけで決まるわけではありませんが、2人が同じクールとなると、どうしても数字を比較したくなりますよね」

 そう語るのはテレビコラムニストの亀井徳明氏だ。

 綾瀬がバリバリのキャリアウーマンを演じる「義母と娘のブルース」(TBS=火曜夜10時)は初回11・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)。一方、石原が華道名門の令嬢という設定の「高嶺の花」(日本テレビ=水曜夜10時)は11・1%と、ほぼ互角ながら、わずかに綾瀬が上回った。

「綾瀬が昨年10月クールの日テレ水曜夜10時枠で主演した『奥様は、取り扱い注意』は平均12・7%。その1年前に同じ枠で石原が主演した『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』の12・4%をわずかに上回っていますが、これまた、ほぼ互角。だから同時に主演している今クールの数字は、彼女たち自身はもちろん、周囲のスタッフも相当意識しているようです」(テレビ情報誌ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  8. 8

    阪神藤浪を殺す梅野の怯懦 巨人相手に5回まで1失点も3連敗

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    東京都コロナ療養者が急増 最も深刻「ステージ4」に突入

もっと見る