綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

公開日: 更新日:

 綾瀬はるか(33)と石原さとみ(31)。ともにホリプロの"看板女優"で、ライバルでもある2人のアラサー女優が夏の連ドラで主演し、"直接対決"に注目が集まっている。

「視聴率は主演だけで決まるわけではありませんが、2人が同じクールとなると、どうしても数字を比較したくなりますよね」

 そう語るのはテレビコラムニストの亀井徳明氏だ。

 綾瀬がバリバリのキャリアウーマンを演じる「義母と娘のブルース」(TBS=火曜夜10時)は初回11・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)。一方、石原が華道名門の令嬢という設定の「高嶺の花」(日本テレビ=水曜夜10時)は11・1%と、ほぼ互角ながら、わずかに綾瀬が上回った。

「綾瀬が昨年10月クールの日テレ水曜夜10時枠で主演した『奥様は、取り扱い注意』は平均12・7%。その1年前に同じ枠で石原が主演した『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』の12・4%をわずかに上回っていますが、これまた、ほぼ互角。だから同時に主演している今クールの数字は、彼女たち自身はもちろん、周囲のスタッフも相当意識しているようです」(テレビ情報誌ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  3. 3

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  4. 4

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  5. 5

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  6. 6

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  7. 7

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  8. 8

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  9. 9

    コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ

  10. 10

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る