小田桐誠
著者のコラム一覧
小田桐誠立教大学・武蔵大学非常勤講師

1953年青森県生まれ。出版社勤務を経て79年から著述業に専念。著書に「ドキュメント生協」「消えたお妃候補たち」「PTA改造講座」「テレビのからくり」「NHKはなぜ金持ちなのか?」など。07年9月から15年3月までBPO「放送と青少年に関する委員会」委員を務める。

NHK新井秀和アナ 経験生かし庶民目線の意見を発してほしい

公開日:

診断結果は…【可】

 同期に首藤奈知子や青井実ら、そうそうたる顔ぶれが揃う2003年入局組の新井秀和。高崎商高、駿河台大を卒業後に入局、高知放送局から熊本、福岡を経て東京勤務になったのは16年。同年4月「おはよう日本」の「まちかど情報室」のコーナー担当になり、今年4月に土日祝日MCに抜擢された。

 15日は西日本豪雨に関するニュースの後、科学文化部の記者とともに30年度のエネルギー計画を取り上げた。計画では火力56%、再生エネ22~24%、原子力20~22%となっているが、16年度の実績はそれぞれ83%、15%、2%。原子力について記者が「9基の廃炉が決まり、再稼働を申請している原発の安全対策費用に4兆5500億円」と解説。電気事業連合会会長の「民間が担えるよう、制度、環境を整えていきたい」とのコメントなどを紹介した。

 これを受け、新井は「原子力の目標達成はハードルが高いのでは」と記者に振った。「目標の設定に問題があるのではと言う専門家もいる」と記者は説明したが、それはそうだろう。4兆円あれば、自然・再生エネにかじを切る方が賢明だ。新井にはそのあたりを詰めて欲しかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  9. 9

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  10. 10

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

もっと見る