名物テレビマン吉川圭三氏 ネット業界の悪しき構造に喝!

公開日:

 大みそかの「ガキ使SP」(日本テレビ系)での、ダウンタウン浜田の黒塗りは“人種差別”、ベッキーの禊のタイキックは“いじめを助長”するなど昨年からバラエティー番組の演出を巡りネット上で非難が殺到する事例が急増している。コンプライアンスを重視する風潮はバラエティー番組にも浸透しているが、この状況について「ネットのテレビ叩きは8、9割がクズ」と批判する元日本テレビプロデューサーの吉川圭三氏(60)に話を聞いた。

 ◇  ◇  ◇

 ネットのテレビ叩きは8、9割がクズである、と僕は新聞の連載コラムで書きました。ウラを取ることもせずに、全く取材していない記事と的を射ていない批判ばかりです。浜ちゃんの「ビバリーヒルズ・コップ」の黒塗り問題について、日本テレビは謝罪はしませんでしたが、僕はそのスタンスに賛成です。このご時世ですから、コンプライアンスについては社内でも口酸っぱく言われているし、現場も一瞬立ち止まった末の決断だろうと推測します。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る