“生きる伝説”S-KENインタビュー…パンク老人、かく語りき

公開日: 更新日:

「70年代のNYじゃあ、しょっちゅう命の危険を感じたよ。今と違って地下鉄も危なかったし、僕が通い詰めてたバワリー通りのCBGBってクラブの帰りでは、仕事用のカメラを狙われたり何度も危ない目にあったんだ」

 東京ロッカーズの名でパンクロックムーブメント旋風を巻き起こし、以後、日本のミュージックシーンに新しい音楽と多数の若き才能を送り込んだプロデューサーにしてミュージシャンのS―KEN。齢71にして衰えぬ創作意欲を持つ彼が執筆して話題の「S―KEN回想録 都市から都市、そしてまたアクロバット:1971―1991」(河出書房新社)には、日本人がまだ見ぬ音楽を海外へと求めた若き日の破天荒なエピソードが満載だ。

「NYでは深夜の地下鉄で脅しをかけてくる黒人が多かったけど、そういう相手にはブラックミュージックの話をしてやるんだ。俺はこういうのが好きでここにいるんだ、と。するとだんだん話が盛り上がったりしてね、何度もピンチを切り抜けたよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  2. 2

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  3. 3

    中居正広が五輪キャスター争奪戦で“売れ残り”の大ピンチ

  4. 4

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  5. 5

    全て思惑通り…N国の立花党首にマスコミは利用されている

  6. 6

    「カジノではなくF1とディズニーを」“ハマのドン”が激怒

  7. 7

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

  8. 8

    泥沼の日韓対立 この政権が続く限り解決は不可能<上>

  9. 9

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  10. 10

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る