竹内涼真「ギャランドゥ写真展」の気になる中身

公開日: 更新日:

 ギャランドゥといえば、長らく西城秀樹の代名詞だったが、このたび、すい星のごとく“継承者”が現れた。今月12日に写真集「Ryoma Takeuchi」(マガジンハウス)を発売した俳優の竹内涼真(25)である。

 カンボジアで撮影した全128ページの写真集のテーマはお色気。なかでも、立派でたけだけしいギャランドゥ(へそ毛)カットが話題となり、ファンが色めき立つ事態となっている。

 そして、セクシー写真集と連動し、22日からは東京・池袋パルコで写真展「unreleased」(入場料600円)を開催。泣く泣く(!?)お蔵入りとなった未収録カット200点が拝めるという触れ込みで、開催前日の記念イベントには定員1200人を巡るチケット争奪戦が起きたという。23日に本紙記者が写真展を訪れてみると、ロッテや日本メナード化粧品、コカ・コーラ、味の素、ソフトバンクといった竹内が出演するCMスポンサー企業からの祝い花がズラ~リ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    取締役と2度会食 安倍事務所がニューオータニを“口封じ”か

  2. 2

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  3. 3

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  4. 4

    桜を見る会弁明 立ち話で説明を果たしたなんて誰が思うか

  5. 5

    首相夫人まで私物化 桜を見る会に“聖心同窓会”アッキー枠

  6. 6

    来季FA取得の燕・山田哲 球団はメジャー以上に巨人を警戒

  7. 7

    今度はパワハラ裁判 たけしを悩ます老いらくの恋の“代償”

  8. 8

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  9. 9

    目的は生産性向上 教育にも入り込んだ新自由主義の危うさ

  10. 10

    政治を私物化した安倍首相殿「もうバイバイ」でどうですか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る