日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

渡辺直美が語る<上> ファッションの仕事と仰天ギャラ事情

 今や芸人の枠を飛び越え、ファッションアイコンとしてカリスマ的存在に成長した渡辺直美(28)。30日からはおしゃれの聖地「ラフォーレ原宿」で「渡辺直美展 Naomi's Party」を開催。2014年に立ち上げたファッションブランド「PUNYUS」は若い女性からオネエの男性まで幅広く支持されている。“実業家”としても活躍中の渡辺を直撃!

  ◇  ◇  ◇

 今、店舗は新宿、渋谷、スカイツリー、大阪、名古屋にあって、北海道は期間限定なのでうまくいけばそのまま店舗にしようかなと。私的にはもう少しペース落としたいんですけどね。本当にツラいんですよ、スケジュールが。

 テレビの仕事終わりに別の仕事をして、その後に洋服をずっと作るのでもう大変。仕事と仕事の合間にスタッフが集まって絵を描いて渡して素材とか色とかを全部決めて……。毎シーズン100着くらい作らないといけないんです。よく「デザインやってないでしょ」「本当に全部やってるんですか?」と言われますけど、本当にやっているんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事