ボクシング連盟に「ロッキー」の崇高な精神を学んで欲しい

公開日:

1976年 ジョン・G・アビルドセン監督

 日本ボクシング連盟の内紛を見ていたら、本作を思い出した。日本公開から41年になる。早いものだ。

 ストーリーはご存じのとおり。三流ボクサーのロッキー(シルベスター・スタローン)は高利貸の取り立てを手伝うやさぐれ男。彼の生き方にトレーナーのミッキーは愛想を尽かしている。ロッキーはペットショップの従業員エイドリアン(タリア・シャイア)にご執心だ。そんなロッキーが世界チャンピオンのアポロ(カール・ウェザース)から対戦相手の指名を受けた。試合までわずか5週間。ロッキーは猛訓練を開始するのだった……。

「挑戦」の映画だ。無名役者だったスタローンは妻とともに3日間でこの脚本を書きあげた。眠くなると互いをビンタしたという。劇中ではロッキーがチャンピオンに挑み、老いたミッキーは世界戦のトレーナーのチャンスを与えられる。内気な性格のエイドリアンはロッキーに人生を懸ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  5. 5

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  6. 6

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  7. 7

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る