ボクシング連盟に「ロッキー」の崇高な精神を学んで欲しい

公開日: 更新日:

1976年 ジョン・G・アビルドセン監督

 日本ボクシング連盟の内紛を見ていたら、本作を思い出した。日本公開から41年になる。早いものだ。

 ストーリーはご存じのとおり。三流ボクサーのロッキー(シルベスター・スタローン)は高利貸の取り立てを手伝うやさぐれ男。彼の生き方にトレーナーのミッキーは愛想を尽かしている。ロッキーはペットショップの従業員エイドリアン(タリア・シャイア)にご執心だ。そんなロッキーが世界チャンピオンのアポロ(カール・ウェザース)から対戦相手の指名を受けた。試合までわずか5週間。ロッキーは猛訓練を開始するのだった……。

「挑戦」の映画だ。無名役者だったスタローンは妻とともに3日間でこの脚本を書きあげた。眠くなると互いをビンタしたという。劇中ではロッキーがチャンピオンに挑み、老いたミッキーは世界戦のトレーナーのチャンスを与えられる。内気な性格のエイドリアンはロッキーに人生を懸ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る