ボクシング連盟に「ロッキー」の崇高な精神を学んで欲しい

公開日:

1976年 ジョン・G・アビルドセン監督

 日本ボクシング連盟の内紛を見ていたら、本作を思い出した。日本公開から41年になる。早いものだ。

 ストーリーはご存じのとおり。三流ボクサーのロッキー(シルベスター・スタローン)は高利貸の取り立てを手伝うやさぐれ男。彼の生き方にトレーナーのミッキーは愛想を尽かしている。ロッキーはペットショップの従業員エイドリアン(タリア・シャイア)にご執心だ。そんなロッキーが世界チャンピオンのアポロ(カール・ウェザース)から対戦相手の指名を受けた。試合までわずか5週間。ロッキーは猛訓練を開始するのだった……。

「挑戦」の映画だ。無名役者だったスタローンは妻とともに3日間でこの脚本を書きあげた。眠くなると互いをビンタしたという。劇中ではロッキーがチャンピオンに挑み、老いたミッキーは世界戦のトレーナーのチャンスを与えられる。内気な性格のエイドリアンはロッキーに人生を懸ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る