「日本の黒い夏-冤罪」 松本サリン事件の冤罪描く問題作

公開日:

2001年 熊井啓監督

 オウム真理教の幹部7人が死刑を執行された。本作は彼らが起こした松本サリン事件(1994年)で犯人扱いされた河野義行氏をモデルに冤罪の恐怖を描いた問題作。

 95年6月、高校で放送部に所属するエミ(遠野凪子)は前年のサリン事件について地元のテレビ局を取材する。事件では第一通報者の神部(寺尾聰)が犯人のような報道がなされた。

 応接室で対応したのは4人。事件当時、報道部長の笹野(中井貴一=写真)は冤罪を回避しようとした。一方、記者の浅川(北村有起哉)は警察に情報リークを求め、神部犯人説を補強する取材に奔走。後輩記者の野田は自分が報じた学者の話が不完全だったと知って自責の念にかられる。キャスターの圭子(細川直美)は浅川、野田の言い分を総括しながら、エミの取材に協力する。

 米国映画「十二人の怒れる男」(57年)を思わせる密室劇。再現映像を差し挟んでは応接室に戻り、記者の自己弁護と反省を追いながら真実に近づいていく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る