「日本の黒い夏-冤罪」 松本サリン事件の冤罪描く問題作

公開日:

2001年 熊井啓監督

 オウム真理教の幹部7人が死刑を執行された。本作は彼らが起こした松本サリン事件(1994年)で犯人扱いされた河野義行氏をモデルに冤罪の恐怖を描いた問題作。

 95年6月、高校で放送部に所属するエミ(遠野凪子)は前年のサリン事件について地元のテレビ局を取材する。事件では第一通報者の神部(寺尾聰)が犯人のような報道がなされた。

 応接室で対応したのは4人。事件当時、報道部長の笹野(中井貴一=写真)は冤罪を回避しようとした。一方、記者の浅川(北村有起哉)は警察に情報リークを求め、神部犯人説を補強する取材に奔走。後輩記者の野田は自分が報じた学者の話が不完全だったと知って自責の念にかられる。キャスターの圭子(細川直美)は浅川、野田の言い分を総括しながら、エミの取材に協力する。

 米国映画「十二人の怒れる男」(57年)を思わせる密室劇。再現映像を差し挟んでは応接室に戻り、記者の自己弁護と反省を追いながら真実に近づいていく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

もっと見る