「日本の黒い夏-冤罪」 松本サリン事件の冤罪描く問題作

公開日: 更新日:

2001年 熊井啓監督

 オウム真理教の幹部7人が死刑を執行された。本作は彼らが起こした松本サリン事件(1994年)で犯人扱いされた河野義行氏をモデルに冤罪の恐怖を描いた問題作。

 95年6月、高校で放送部に所属するエミ(遠野凪子)は前年のサリン事件について地元のテレビ局を取材する。事件では第一通報者の神部(寺尾聰)が犯人のような報道がなされた。

 応接室で対応したのは4人。事件当時、報道部長の笹野(中井貴一=写真)は冤罪を回避しようとした。一方、記者の浅川(北村有起哉)は警察に情報リークを求め、神部犯人説を補強する取材に奔走。後輩記者の野田は自分が報じた学者の話が不完全だったと知って自責の念にかられる。キャスターの圭子(細川直美)は浅川、野田の言い分を総括しながら、エミの取材に協力する。

 米国映画「十二人の怒れる男」(57年)を思わせる密室劇。再現映像を差し挟んでは応接室に戻り、記者の自己弁護と反省を追いながら真実に近づいていく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  4. 4

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  7. 7

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

  8. 8

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  9. 9

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  10. 10

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る