「さよなら子供たち」ナチス占領下のフランスの実情を描く

公開日:

1987年 ルイ・マル監督

 ルイ・マル監督が自ら脚本を書いた自伝的作品。第44回ベネチア国際映画祭金獅子賞などを受賞。先週、DVDとBDが発売された。

 1944年、ナチス・ドイツに占領されたフランス。クリスマス休暇を終えた少年ジュリアン(ガスパール・マネッス)は母に見送られて寄宿学校に戻る。学校には3人の新入生があり、その一人のジャン(ラファエル・フェジト)は優等生のジュリアンをしのぐほど優秀だ。

 ジュリアンは自分のことを語らないジャンに興味を抱き、宝探しの際に一緒に道に迷ってしまう。この一件で2人は仲良くなり、ジュリアンはジャンが豚肉を食べないことなどからユダヤ人だと気づき、彼をかばおうとする。

 だがある日、寄宿舎にゲシュタポが現れ、ジャンらユダヤ人の少年3人と校長のジャン神父を連行する。神父はユダヤ人をかくまったことを罪に問われたのだ。子供たちの別れの言葉に神父は「さよなら子供たち」と返し、ジャンはジュリアンと無言で見つめ合う。ジャンたち3人はアウシュビッツで、神父はマウトハウゼンで死亡したというナレーションが流れるのだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る