「さよなら子供たち」ナチス占領下のフランスの実情を描く

公開日: 更新日:

1987年 ルイ・マル監督

 ルイ・マル監督が自ら脚本を書いた自伝的作品。第44回ベネチア国際映画祭金獅子賞などを受賞。先週、DVDとBDが発売された。

 1944年、ナチス・ドイツに占領されたフランス。クリスマス休暇を終えた少年ジュリアン(ガスパール・マネッス)は母に見送られて寄宿学校に戻る。学校には3人の新入生があり、その一人のジャン(ラファエル・フェジト)は優等生のジュリアンをしのぐほど優秀だ。

 ジュリアンは自分のことを語らないジャンに興味を抱き、宝探しの際に一緒に道に迷ってしまう。この一件で2人は仲良くなり、ジュリアンはジャンが豚肉を食べないことなどからユダヤ人だと気づき、彼をかばおうとする。

 だがある日、寄宿舎にゲシュタポが現れ、ジャンらユダヤ人の少年3人と校長のジャン神父を連行する。神父はユダヤ人をかくまったことを罪に問われたのだ。子供たちの別れの言葉に神父は「さよなら子供たち」と返し、ジャンはジュリアンと無言で見つめ合う。ジャンたち3人はアウシュビッツで、神父はマウトハウゼンで死亡したというナレーションが流れるのだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    談志師匠から今度は「上納金」60万円催促の電話がかかり…

もっと見る