• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ある殺し屋」時系列を崩した裏切りのいきさつが面白い

1967年 森一生監督

 市川雷蔵が殺し屋を演じる。

 小料理屋を営む塩沢(雷蔵)はケチな美人局(つつもたせ)に因縁をつけられてこれを撃退。「強い男が好き」というズベ公の圭子(野川由美子)は勝手に塩沢の家に居候する。実は塩沢にはもうひとつの顔があった。殺し屋だ。

 彼は木村組の前田(成田三樹夫)から敵対する暴力団・大和田組の組長を殺してくれと頼まれるが、これを一蹴。だが木村組長(小池朝雄)から直々に頼まれ、報酬2000万円で引き受ける。塩沢は土建屋のパーティーに潜り込んで大和田の殺害に成功。

 殺しのあと前田が自分を弟分にしてほしいと頼み、大仕事を持ちかける。大和田組の麻薬取引を襲って2億円分のヤクを横取りしようというのだった……。

 映画において殺し屋は絵になる存在だ。日本では加山雄三の「狙撃」や松田優作の「遊戯」シリーズがあったが、本作は殺し屋が小料理屋の店主という点がユニーク。板前と殺し屋――。不釣り合いのもの同士が共存することで殺しの世界がより謎めいて見える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る