桐谷の穴は埋まるか 有村架純ドラマに無名俳優抜擢のウラ

公開日: 更新日:

 女優・有村架純(25)が主演する10月スタートのTBS系ドラマ「中学聖日記」で、新人俳優・岡田健史(19)がデビューすることがスポーツ紙各紙で報じられた。

 同ドラマは、片田舎の中学校を舞台にした、禁断と純愛のヒューマンラブストーリー。有村演じる女性教師が、自分のことを大切に思ってくれる婚約者がいながらも、赴任先で出会った不思議な魅力を持つ中学3年生(岡田)に心ひかれ、真っすぐな恋心をぶつける問題作だ。

 岡田は演技経験がほとんどないにもかかわらず、演じる役は同名原作漫画では主人公だった重要な役柄。岡田は福岡県出身で、高校時代は長崎県に野球留学した元球児。桐谷美玲(28)や知英(24)らを擁する芸能事務所「スウィートパワー」からデビューするというのだ。

「もともと、岡田の事務所は女性タレントしか手がけていなかったが、ここにきて高杉真宙がブレーク。高杉に続く逸材として岡田を売り出したいようですね」(テレビ局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  2. 2

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  3. 3

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  4. 4

    8年かけて高校を卒業…同級生の“無音”の拍手に校長も感動

  5. 5

    参議院選挙の最大の敗者は「事実」という深刻な事態

  6. 6

    山本太郎らが試算 消費税ゼロで「賃金44万円アップ」の根拠

  7. 7

    ALS患者の舩後氏当選で 議事堂が迫られる改修と慣習の刷新

  8. 8

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  9. 9

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  10. 10

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る