桐谷の穴は埋まるか 有村架純ドラマに無名俳優抜擢のウラ

公開日:

 女優・有村架純(25)が主演する10月スタートのTBS系ドラマ「中学聖日記」で、新人俳優・岡田健史(19)がデビューすることがスポーツ紙各紙で報じられた。

 同ドラマは、片田舎の中学校を舞台にした、禁断と純愛のヒューマンラブストーリー。有村演じる女性教師が、自分のことを大切に思ってくれる婚約者がいながらも、赴任先で出会った不思議な魅力を持つ中学3年生(岡田)に心ひかれ、真っすぐな恋心をぶつける問題作だ。

 岡田は演技経験がほとんどないにもかかわらず、演じる役は同名原作漫画では主人公だった重要な役柄。岡田は福岡県出身で、高校時代は長崎県に野球留学した元球児。桐谷美玲(28)や知英(24)らを擁する芸能事務所「スウィートパワー」からデビューするというのだ。

「もともと、岡田の事務所は女性タレントしか手がけていなかったが、ここにきて高杉真宙がブレーク。高杉に続く逸材として岡田を売り出したいようですね」(テレビ局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

もっと見る