「ネットフリックス」 オリジナル40作品がエミー賞候補に

公開日: 更新日:

 さて、サービスの料金体系は3つ。ひとつのデバイスでSD画質で視聴の650円、標準タイプの950円、4K対応の1450円(金額は全て月額、税別)。

 オリジナル作品に力を入れているのは、日本発信も同様。

「『DEVILMAN crybaby』などのアニメも注目されていますし、『深夜食堂』や『野武士のグルメ』は韓国やアジア各国で人気です」(松尾氏)

 さらに7月に配信されたお笑い芸人ジミー大西と明石家さんまの若き日を描いた「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」も話題を集めている。

 今後のトピックとして、KDDIとの業務提携によってネットフリックスの月額利用料がセットになった「auフラットプラン25Netflixパック」を今月末から9月にかけてスタートする。月25ギガバイト分のデータ量に、ネットフリックスのベーシックプラン(月額650円、税別)などをセット。

「25ギガバイトあれば、100時間程度は視聴できます」(松尾氏)

 au利用者は注目したい。

(ライター・前田かおり)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  2. 2

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  3. 3

    娘の誕生日ケーキ代を払ってくれた謎の女性の伝言に号泣!

  4. 4

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  5. 5

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  6. 6

    白井聡氏 75年前の失敗のツケを我々の手で清算しなければ

  7. 7

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  8. 8

    どケチ政権が! コロナ対策費に志位委員長「小さすぎる」

  9. 9

    フェイク・タンを塗ったまま授乳…赤ちゃんの写真が拡散!

  10. 10

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る