Hulu、Netflix…「動画配信サービス」お得なのはどれ?

公開日:  更新日:

 最近、「Hulu」や「Netflix」など、ネットで映画やドラマを配信する動画サービスが続々登場している。パソコンやスマホなどを使って、自宅でも外出先でも視聴できて、料金は1カ月数百円~の定額制。DVDをレンタルするよりはるかにお得だ。

 そんな動画サービスの品揃えと料金から、お得なサービスを調べた。この年末年始は、これで映画・ドラマ三昧だ。

■毎月500円で映画・ドラマ12万本

 これらの動画サービスは、パソコン、スマホ、タブレットPCのほか、PS4などのテレビゲーム機を使えば、テレビでの視聴も可能だ。

 各社のサービスの中で最安値は「dTV」の月額500円。国内外の映画やドラマ約12万本(別料金作品含む)という作品数は、各社のサービスの中でダントツだ。

「作品数が多くても、自分の好きなジャンルの作品が多いかどうかは、しばらく使ってみなければわかりません。各サービスには2週間から1カ月間程度の無料利用期間があるので、それを利用して試してみることをお勧めします」(ITジャーナリストの井上トシユキ氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る