綾瀬はるか「義母と娘のブルース」 今期最高視聴率の理由

公開日: 更新日:

 綾瀬はるか(33)主演のドラマ「義母と娘のブルース」(TBS系)の21日放送の第7話が視聴率15.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と自己最高を更新、今期ドラマ視聴率で独走中と話題になっている。

 新垣結衣(30)と星野源(37)で話題をさらった「逃げ恥」と同枠。省略して「ぎぼむす」と呼ばれ、今期ドラマで唯一好調。4コマ漫画が原作で、竹野内豊(47)演じる子持ちのサラリーマンと綾瀬はるか演じるキャリアウーマンが結婚したところから物語が展開。6話で夫ががんで他界、7話は義母と上白石萌歌(18)演じる高校生の娘との母子のストーリーとなっている。人気の理由についてコラムニストの桧山珠美氏がこう分析する。

「今回の『ぎぼむす』も『逃げ恥』も半歩先の家族像を描いているところが視聴者の琴線にふれたのだと思います。再婚や血縁の薄い家族関係は今や身近な話題。それをドライに表現しているので視聴者も客観的に見られて共感できる。『逃げ恥』もちょっとリアルで今後ありそうな結婚像を淡々と見せていて同じ手法をとっています。物語の不可解だった部分は回を重ねるごとに謎が解かれ、パズルのピースが合ってくる爽快感もあり、1話ごとの盛り上がりもある。感動の回収ができる構成も勝因になっています」

 キャリアウーマン姿の綾瀬はるかも見どころ充実。さらなる記録更新もありそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  2. 2

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  3. 3

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  4. 4

    最終議席予想は安倍敗北 改憲勢力75議席で3分の2に届かず

  5. 5

    この声も警察は排除するのか 地鳴りのような「安倍辞めろ」

  6. 6

    れいわ野原に学会票 東京で公明が共産に半世紀ぶり敗北か

  7. 7

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  8. 8

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  9. 9

    7/20~7/26のあなたの運勢

  10. 10

    ジャニーズからの圧力は? キー局の見解と元SMAP3人の今後

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る