綾瀬はるか「義母と娘のブルース」 今期最高視聴率の理由

公開日:

 綾瀬はるか(33)主演のドラマ「義母と娘のブルース」(TBS系)の21日放送の第7話が視聴率15.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と自己最高を更新、今期ドラマ視聴率で独走中と話題になっている。

 新垣結衣(30)と星野源(37)で話題をさらった「逃げ恥」と同枠。省略して「ぎぼむす」と呼ばれ、今期ドラマで唯一好調。4コマ漫画が原作で、竹野内豊(47)演じる子持ちのサラリーマンと綾瀬はるか演じるキャリアウーマンが結婚したところから物語が展開。6話で夫ががんで他界、7話は義母と上白石萌歌(18)演じる高校生の娘との母子のストーリーとなっている。人気の理由についてコラムニストの桧山珠美氏がこう分析する。

「今回の『ぎぼむす』も『逃げ恥』も半歩先の家族像を描いているところが視聴者の琴線にふれたのだと思います。再婚や血縁の薄い家族関係は今や身近な話題。それをドライに表現しているので視聴者も客観的に見られて共感できる。『逃げ恥』もちょっとリアルで今後ありそうな結婚像を淡々と見せていて同じ手法をとっています。物語の不可解だった部分は回を重ねるごとに謎が解かれ、パズルのピースが合ってくる爽快感もあり、1話ごとの盛り上がりもある。感動の回収ができる構成も勝因になっています」

 キャリアウーマン姿の綾瀬はるかも見どころ充実。さらなる記録更新もありそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    マルチ商法「ジャパンライフ」にチラつく安倍政権との関係

もっと見る